FC2ブログ

出雲の神様

きょうは朝から好く晴れた。出雲の神様が歩かれるには最良のお天気だ。
 そこで吾が輩、畏れ多くも出雲の神様になり代わって、親戚に縁談を持っていったのでR。
 縁談の女性は、と云うと”額”の中から抜け出たような美人。博客にもコソットとお目にかけよう。
  hu1 - コピー
年齢はもとより、名前も出身地もすべてヒミツ?だ。希望する相手の男性は、と云うと”草食系”でなければ,バツイチだろうと、なんだろうと、欲を言わない、とのことなので、吾が輩良縁とばかり、金の”わらじ”を履いて従兄弟は、W松の息子さんに薦めたのである。
 久しぶりに訪ねた従兄弟だったので、話が弾んでお昼まで談じこんだもんだ。
 午後になって、広江君が天気が良いから、キャベツの雪掘りをすると、やってきた。
 寒甘野菜( 
 積雪深は未だ1㍍余ある。この下のキャベツ、これぞ寒甘(かんかん)に締まって”很好吃”とても美味しいキャベツなのだ。
 この”かんかん”キャベツ、雪だるまの商標を付けて、明日がんこ村で売りに出すのだ。
 吾が輩はと云うと、玄関先に置いていた「老鴉柿」が完熟したので、摘みとって水洗いし、種を採ったのである。
 柿完熟
               柿のタネ
 この柿は、種を蒔いて鉢植え用の苗を作るのだが、上手に育てて老木にすれば高価に売れる、と云われるのだが”云うは易く、行うは難し”であることは間違いないだろう。
 夕方近くになって、吾が輩広江君が雪の下から掘りだした”かんかん”キャベツを懇意にして頂いている病院の院長先生宅に届けた。苦労して収穫したことが判って貰えるので、吾が輩贈り甲斐があると云うもんだ。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR