FC2ブログ

所変われば

 昨日は、舎弟のお母さんの通夜式で血縁の方達とお会いすることができ弔問外交?”が叶って心が慰められたのであった。
 今日は、朝から雪が降っている。お葬式は斎場などの事情もあったようで9時に始まる。ので、吾が輩達はホテルを8時過ぎに出た。この地は名だたる雪国、駅前大通りはともかく、裏通りは除排雪が思うようにゆかないようでタクシーはノロノロ運転だ。柏崎駅前
 会場に着くと近親者の人達が見えていて、昨夜に続き弔問外交?だ。久しぶりにお会いする方も多く、それこそ「絆」を確かめあったのであった。 
 会場はお通夜で見てあるのだが、祭壇を始め生花やお供物の飾りつけなど、吾が輩の地方とはずいぶん異なる。
 お通夜開始
 昔から「冠婚葬祭」わけてもお葬式は”ところ変われば品かわる”と云われるのだが、家でお葬式を行ったときはともかく、葬斎場で行われるのが主流になっていても”ところ変われば”には変わりがないのであった。
  お葬式

 初七日三十五日法要と、すすんで”お伽”になった。
 ”お伽”と云うところと、直会と云うところとあるが、この地は”お伽”だ。
 故人を偲んでご住職とともに会食をするのだが、弔いごとであればこそ、滅多にお会いできない方にもお会いできる喜びがあって、故人のお引き合わせに感謝するのであった。
 笹谷さんと我
孫娘
 時間は瞬く間に過ぎてゆく。できればもっとお話したいと思うのだが、外は激しく雪が降っている。吾が輩たち、遠方から行ったものは雪に閉じ込められる惧れがあるので、無礼をかえりみず席を中座させていただいた。
 名残り惜しそうに喪主夫妻と姪っ子たちに送られて、吾が輩達は電車を1便早めて帰路についたのであった。
 玄関で出際に
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR