FC2ブログ

お日待ち・この日を待っていた

今日は吾が輩、昨日とは”がらり”と変わって、菩提寺へお寺参りだ。正月は”お日待ち”法要、”厄年”の人の厄払い読経もある。菩提寺は若様が大学を卒業されて、住職と一緒に読経されるようになったので、本堂に声が響き渡るのである。
お日待ち・若様
 読経の後は古い”お札”の左義長だ。今年は境内の雪も一旦消えたし、暖かい陽射しも降り注いで、絶好の左義長日和だった。
 お寺のさぎちょう
 今日のお寺の昼食は、お決まりの”ぜんざい”吾が輩これが大好きで、ほんに”お日待ち”だったのだ。
 午後は、春を思わせる暖かさ、吾が輩”じっとして”いるわけにはゆかない。と、りんごの剪定作業だ。りんご園の雪も消えてしまって、陽射しをあびた下草が、一息ついている。下草だけでない。モグラ君が”もっくり、もっくり”と土を持ち上げている。
 もぐらの土工事
 そのあげくは、トンネルだ。もぐら君は大好きなミミズや蝉の幼虫などを狙っているのだ。モグラ君”の土工事は園の土壌改良?に役立つのだが、そのトンネルを利用して、野ねづみ”がやって来て、りんごの根を齧るのが困るのだ。
 トンネル入り口
 夕方近くになって吾が輩キャベツと大根を収穫した。と、云うのは綺麗な夕焼けなのに、明日は雪になるとの予報、なので、雪の前に収穫したのだ。先日、月夜の時は大雪にならない、と書いた。逆に闇夜のときは雪が積もる、と昔の人は云った。明日は旧暦の1月1日、元日だ。新月で真っ暗闇、となると雪は積もるのであろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR