FC2ブログ

ひ孫の風邪

 吾が輩に”ひ孫”が2人いる。いずれも外孫の子供、一人は福井,もう一人は広島に住んでいる。広島の孫の嫁さんは、子育て日記をブログに書いているので、吾が輩”ひ孫”の写真を見るのを楽しみにしている。
 その”ひ孫”先日、風邪をひいて熱が39度もあって心配していたが、昨日から熱が下がったようでヤレヤレだ。
 今日のブログは元気になったひ孫の悪戯写真が載っていて、思わず”ふきだした”のであった。
 曾孫の写真
 吾が輩きょうは午前は東京のお得意さんに、お米を送った後、春節が近づいた中国の友人に富山の近況を伝えるメールを送った。午後には早速返信が届いたのだが、この遣り取りはその中にブログに書くことにする。
 午後になって、明日「がんこ村」に持ってゆく野菜を摘んだ。
 キャベツ、大根のほか、雪の下から顔を出した「しろな」も摘んだ。
 大根足
 大根は雪の下になっても育って、立派な”大根足?”になった。太さを誇張される大根だが、この植物、知る人ぞ知る?素晴らしい食材だ。  
 ビタミンCが豊富、消化酵素ジャスターゼも多く含む。寒いときは、風呂吹き大根に「おでん」はもってこい、そして、ぶり大根は冨山の名物料理だ。この時期忘れてならないのは「大根おろし」だ。「大根おろし」は食べた物の消化を助け、植物繊維の整腸作用で、胃の弱い人や便秘の人に効果があるし、辛味部分の殺菌作用とビタミンCで風邪に効くと云われる。大根の”おろし”に蜂蜜を加えて飲んだり、湿布に使ったりすることは、年寄りがよく知っている。
 吾が輩大根を洗いながら、ひ孫の風邪は完全に治ったのだろうかと思い、今日は大根の効用を書かねばと考えたのであった(このブログが目に止まればよいのになー)。
 ひ孫もさることながら、吾が輩も少々風邪気味、明日の朝は、大根の”おろし”汁に蜂蜜を加えて飲むことにしようっと。、
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR