FC2ブログ

千客万来の兆し

 今日は「成人の日」、3連休の最後だ。昨夜は遅く就寝したので、きょうは寝坊した。朝起きてメールの受信トレイを開けると、孫娘からコメントが届いたことを知らせている。なんと吾が輩が昨夜書き終えてた後にコメントしている。
 孫娘は、今年高校お受験なので、遅くまで勉強をしていたのだろうに”お疲れ様でした”と「じぃ」を慰めてくれるのが嬉しく、彼女の優しい心ずかいに謝謝だ。
 きょう我が家に3組の来客だ。先ずはY雅君、N農業大学をこの春卒業して、学んだことが活かせる職場に採用が決まっている。吾が輩、農業と農村現場の実情を正しく認識して職務に精励するように、と激励した。
 次いで脱サラで就農を考え助走?活動をしているO合さんがお嬢ちゃんと一緒にやってきた。農業の後継者不足が大問題になっているのに、いざ”新規就農”となると、いろんな面でハードルが高い。中でも吾が輩が一番心配するのは1次部門の技術取得と労務の問題だ。今日は年始の挨拶に止めて、細かい話は後日と云うことで再会を約した。
 今日の結び?はバッジの先生だ。
 バッジの先生
 この先生の父君は、吾が輩が若い頃職場で一緒に仕事をしたことがあるので、吾が輩思い入れが強い。しかも、がっしりした体躯で中山間地で農業にも携わっておいでるので、農業問題に対して理解も深く吾が輩期待すること大なのだ。一緒にみえたOさんも先生の縁戚の方、これまた吾が輩よく存知あげているので話がはずんだ。
 昼食は少しぐらい遅れても、と、都合3組の来客と談じ込んでいたらなんと時計の針は午後の2時近くになる始末、今年も我が家は「千客万来」、吾が輩の饒舌?は止まらないのだろうか。
 午後になって、元日以来気にしていた”お袋”に会いにゆくことが、ようやく実現?した。お袋は百歳を越えて7ヶ月、耳もかなり遠くなっている。介護施設の同室の人達も耳が遠くて、話をする人が少ないと”愚痴る”のが困る。ので、吾が輩紙とマジック筆で娑婆のことを「筆談」するのだ。
 話が通じると、お袋は、これこのとおりご機嫌になるのであった。
 お陰さまで
 ”またくるちゃ”と吾が輩、帰路に着くころは陽が西に傾いている。
 日暮れ時
 川岸には水鳥が羽を休めている。吾が輩も”あした天気になーれ”、と、祈りながら一日を終えたのである。
冬の川岸
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR