FC2ブログ

そうかん・双幹・壮観?

双幹の松"
 手入れが進んだ我が家の庭、引き立て役は「双幹」の松だ。庭の松は、枝ぶりはもとより、”幹”も観賞の対象になる。一般的に”幹”は一つだが、この松のように二つの”幹”があるのが「双幹」だ。「双幹」は幹が大きくなると”ダジャレでないが”壮観”だ。この「双幹の松」はワイフ殿の実家近くの山林に在ったのを、吾が輩と父の2人で、今から50年ほど前に荷車に積んできたのだった(その頃は小さい双幹だったなー)。
 さて、幹のついでに「秋じゃが」の幹
 秋じゃがの幹?
今年の秋、吾が輩の地方はメッタに無い好天、わけても10月は日照が多く「秋じゃが」は見事な生育ぶり、「幹?」も葉も良く茂って、「夏じゃが」よりも品質のよいものが収穫できるのが間違いない。
 吾が輩今朝は、最近の日課になっている多品目畑の見回りに行って、「秋じゃが」の”探り掘り”をした。すると予想通り、きれいな肌?をした”薯”が着いていたのであった。
 秋じゃがの魅力
 思ったとおりの成果品が出来た時の嬉しさ、感動があるのは云うまでもない。これぞフアーマーの歓びなのだ。
 今度の好天は、今日・明日限りのようだ。で、晴れていて気温の高いうちにと、吾が輩スタッフに無理強いをした(吾が輩は今日も「がんこ村」行き、と、庭先販売、そして明日出荷する「食用菊」の容器の買い入れだ)。
 玉葱の定植、エンドウの種蒔き、ラデッシュの土寄せだ。種蒔きはエンドウが今年最後、そう、仕事は少しは”かん(閑)”になったようだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR