FC2ブログ

秋たけなわ・思う存分

 霜月11月が明けた。いよいよ秋が酣(たけなわ)になる。それを証明するかのように朝から空が澄んでいる。
 その朝、吾が輩を訪ねてくださったのが地元の県議会議員の宮本さんだ。
 宮本県議と
 朝だと云うのにワイシャツ姿の爽やかさ、吾が輩早速多品目の野菜畑に案内して、自給率が他県に比べて”極めて低い”とされる野菜栽培の問題点について、吾が輩の考えを申し上げた。
 お話をすることは山ほどあるのだが9時までに地場もん屋に出す、りんごと大根を集荷所まで持ってゆかねばならないので、りんご園の説明は後日だ。
 朝食を”そそくさ”と済ませた吾が輩、次なるは来春花をイッパイ咲かせて蜜を取る「れんげ草」に、冬越しの元気をつけてもらうため、カンフル注射?だ。
 蓮華草の元気付け
 断っておくが蜜を取るのは吾が輩ではない、F瀬さんが飼う蜜蜂さんだ。
 その次が今日のメーン、菩提寺のお会式法要だ。吾が輩変わり身早く法衣?に身を包み?菩提寺に出かけたのである。
 お会式
 お会式は宗祖日蓮大聖人の回忌法要、今年は730回忌だ。毎年11月1日、午後1時に読経が始まるのである。
 仏教徒のハシクレである吾が輩しばし法悦に浸ったのであった
 お会式・2
 読経が終わるか終わらないうちに吾が輩失礼をした。と、云うのは2時過ぎからお会いせねばならない方との約束だあったのだ。
 先日来、息子の会社のT木さんの要請もあって、吾が輩が若かりし頃、情熱を傾けた?「秋冬白菜」と「夏秋トマト」の指定産地づくりに、献身的にご努力された隣村のM下さんを訪ねることにしていたのだ。
 松下さん・1
 今年82歳になられたM下さん、奥さんと一緒に待っていてくださって、身振り・手振りよろしく往時の苦労話をされたのであった。
 昔取った杵柄
 今日は日差しがイッパイ、案内してもらって畑にでると、昔取った杵柄だ、M下夫妻、今も見事な白菜を作っておいでて、さすが名人と吾が輩感心をしたのだ。
 帰宅すると、朝から吾が輩の庭の”双幹の松”に鋏を入れていたS造園のS村会長が未だチョキンチョキンだ。
 さすがに会長、鋏の入れ方がちがう。会長の手にかかった松は枝ぶりも蘇った感じになったのである。
 かくして霜月の初日は、吾が輩思う存分に動きまわったのであーる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR