FC2ブログ

モグラさんのトンネル工事

 きょうは2月最後の日曜日、曇り空ながら終日雨は落ちなかった。
 吾が輩の周囲は田んぼの雪が消えて、母なる大地が元に戻った。早速果樹園に行って、春先の現象を観察だ。雪が消えた果樹園
 すると、例年のことながら、工事現場?が見つかる。モグラさんが掘ったトンネルであーる。
  もぐらの仕事
 このトンネル、今年は手抜きしたようで、延長が短いようだが、穴は大きめだ。モグラだけなら”どうこう”云うことはないのだが、放っておくと、ネズミさんがやって来てトンネルを通ってりんごの根にたどり着き、ご馳走になるので、ネズミ退治を急いで始めねばならない。どうするかは企業秘密だ。
 午後からは菩提寺で涅槃会がある、吾が輩受付係りなのでお昼前にでかけた。本堂は位牌堂の前に立派な「涅槃図」の軸が掛けてある。涅槃図
 涅槃会は釈尊入滅の2月15日(正式には旧暦)寺々で、釈尊の遺徳奉賛追慕のために修される法会だ。
 昔は2月15日だったのだろうが今では前もって修され我輩の菩提寺では1月の最後の日曜日に決まっている。
 で、この涅槃会には涅槃図が欠かせないのだ。お経が終わって住職の法話があつたのだが、吾が輩聞き損ねたので帰宅して広辞苑で調べた。ので、そっくりそのまま書いておく。「釈尊が沙羅双樹の下で涅槃に入る時、頭北、面西、右脇下にして臥し、周囲に弟子を始め、菩薩、天竜、鬼畜などの慟哭する状を描いた絵」とあったのだ。
 吾が輩の家にも”古ぼけた”涅槃図の軸はあるが菩提寺の軸とは比べようがない。お掛けするのも2月15日にが近くなってからだ。
 お寺から帰ってヤボ用をした。夕方ケーブルテレビ八尾をを見ていると、日曜発シテイエイトで2月12日にあった吉田屋さんでの「食談義」の模様が放映されている。あれ恥ずかしや吾が輩が映っているではないか。昨日と云え今日と云え、吾が輩のツラは”嗚呼老いたり”を否めないのであった。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR