FC2ブログ

好久不見的中心市街地

 きょうは「建国記念の日」、昔は紀元節と云ったもんだ。この日は「NPO法人富山県日中友好協会」の新春講演会と「新春交流懇親会」が恒例となっている。
 今頃「新春」とは”なにケ”と云うでないぞ。旧暦はまだ正月9日なんだから。
 で、吾が輩、久しぶりに「中心市街地」にでかけたのであーる。久しぶりと書くだけあって大きな変化が目に付くのであった。
 先ずはJR富山駅の、新幹線駅に備えての工事、そして初めて乗る「軌道電車」セントラムだ。
 新幹線駅の工事
セントラム電車
 会場の国際会議場の前は冨山城址公園、櫓の白壁は綺麗に堀に映っている。冨山城
 吾が輩のような田舎者は”お上りさん”気分に駆られるのであった。
 新春講演会は、「中国に生き続ける孔子の精神」と題して、前神戸学院大学大学院教授・華東師範大学(中国)歴史系客座教授、中村哲夫先生の講演であった。「要点」ー展開ー資料、資料①「論語」公冶長編②「礼記」礼運編にみる「大道」と「大同」の定義、③「科学発展観学習読本」④「大学」と話を進められる中村先生の熱っぽい話に魅せられた吾が輩、講演が終わって目から鱗が落ちたのでありました。
 孔子さまの勉強
 講演の後は2011新春交流懇親会、恒例になっていることだし、吾が輩毎年参加しているので、楽しみにしている宴だ。かんぱーい
 お偉い人や、朋友、そして中国からの留学生も交えて和やかに歓談交流をしたのである。
 今日は先日、南方航空の冨山大連便が3月末から北京までの延伸され、しかもデイリー便就航になるとの、県知事発表があった直後だけに、「一衣帯水」の国中国との往来について話が弾んだのであった。
「うたげ」がお開きになって外に出てみると、富山城がイルミネーションで飾られていて、「お上り」さんは目を丸くしたのであった。冨山城夜景
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR