FC2ブログ

一元で楽しむスペシャルツアー

 吾が輩の忘年交は奥行きが深いことが自慢だ。富山大学の学部を卒業した後、北海道大学の院に進んだ中国からの留学生Lさんは、目下博士論文を執筆しながら、富良野町の臨時職員として、中国語教室で中国語を教えているほか、中国向けのブログを書いている。去年の夏過ぎ、吾が輩にそのことを知らせてきたので、その後毎日のように覗いているのだが、多忙と見えて更新が間延びする。なのに昨日は、なんと一度に3本?も書いているではないか。
 驚いたのは「冬の富良野を一元で楽しむスペシャルツアー」だった(中国の通貨は「元」現在の円・元レートは、一元が約14円だ)。
 劉さんのブログ
 主催:中国国際旅行社 共催:北海道旅行株式会社、(株)ふらの観光協会、「訪問して白い冬の世界で感動的な体験を希望される方、2名限定 3泊4日、(中略)
  経費負担 中国国内の空港(北京、上海、瀋陽、大連)を出国~帰国までの交通費、宿泊費。
  食事代は(株)ふらの観光協会にて負担します」・・・とある(詳細は「娟暁ー新浪博客」で見てネ)。
 吾が輩が知る限りでは、富良野を舞台にした中国映画が封切りされて以降、中国の人の富良野熱は”上がりっぱなし”だ。そこに目を着けた富良野の「官民一体」となった作戦だろうが、Lさんを迎えたことや、中国語教室の開講、中国向けのブログ、そして「一元での・・・」と実にタイムリーで、吾が輩感心すること、頻り(しきり)なのであーる。
 きょうの午前、吾が輩の町の商工会に勤めるTさんが所用で見えたので、このブログを紹介し、併せて、この1年の日本と中国の関係について語り合ったのでR。
 午後は集落が取り組んでいる「農地・水・農村環境整備活動」の報告書類などの事務処理をした。この事業も、始めて4年を終えたところで方向性がはっきり見えてきたので、5ヶ年計画の最終年は”きちんと”成果が上がるようにしようと、吾が輩、いわゆる「元旦の計」に”捻り鉢巻”なのでR。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR