FC2ブログ

こいつは春から

 正月も松がとれて、きょうは鏡開き、平成23年は本格的に動きを開始する。
 吾が家は今年は喪中だったので”お鏡”は無い。だから今朝は「ぜんざい」が食べれず、チョッピリ寂しい思いだ。
 しかし、「開く」にかけては、楽しいことになったぞ。と云うのは、夕方になってメールの受信トレイを明けると、北京のL先生から便りが届いている。20日に北京を発って日本に行く、今度は富山にも是非行って、あんたの奥さんの手料理が食べたい、行ってもよいか返事をくれ、と、あるではないか。
 ”こいつぁ春から縁起が好い”だ。吾が輩早速「歓迎歓迎」とOKの返信を打ったのでR。
 彼とは昨年の10月北京で、ご夫人ともどもお会いしてご馳走になってきたのだから今度は吾が輩が”もてなす”番だ。
 今日も朝は凍てついた。気温も連日最低を更新していて、今朝の富山は氷点下3・8度だった。吾が輩きょうは免許更新の手続きに警察に行ってきた。帰路、評判の宝くじ売り場があるので、「鏡開き」の縁起にひっかけて、買ってきた。売り場のオバサンが云った。”どうぞ当りますように”と、宝くじは当れば良いが、車は当ったり、当てたりしないよう、にと、更新の日に誓ったのであった。
 ヒイラギの葉
 ところで、木ヘンに冬と書くと「ヒイラギ・柊」だが、注目すべき特徴がある。ヒイラギの葉にはトゲがあるので「鬼門」に植えて、オニ(邪)を祓うと、我が家の庭にも植えているのだが、古木になると、このトゲが無くなり葉は丸くなるのであーる。それを見ていただこうと写したのだが、トゲがあったのは短くて新しい枝だけ、あとは全部丸かったと報告させてもらう。
 何を云おうとしているかって、人間もヒイラギのように歳をとったら、丸くなるように心がけねば、と、吾が輩冬になると、キモに命ずるのでR。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR