FC2ブログ

冬も末?

 冬も末?とは”あんた何いうとるがケ”。
 訝(いぶか)るのは当然すね。吾が輩、何故こんなことを書くかと云うと、きょうは旧暦の12月1日だからです。旧暦で冬の月はと云うと10・11・12の3ヶ月、だから旧暦の12月は冬の最後の月になるのでR。
 日本は今が正月だが、吾が輩たちが子供の頃の農村は、周り中が農家で新暦の正月よりも”月遅れ正月、または2月正月”が迎春だった。
 今でも中国を始め台湾や韓国などは旧暦の1月が正月、旧暦の春は1・2・3の3ヶ月、だから本当の意味で春を迎えるので「春節」と呼ぶのである。お判りかなモシ。
 きょうは、その中国から日本に嫁いだ女性が夫婦でお子さんを連れて新年の挨拶にやって来た。お土産は手製のギョウザだ。ひとしきり彼我の違いを話題にして話し合った。中でもこの正月に中国の朋友から届いた年賀状を見て故郷を偲んでいたようだ。
 秦さんの電子賀片JINさんの賀状
左の賀状は北京からメールで届いたもので、画像は手作りと描かれている。「兔児爺」とあるは”じぃさん兎”だ。下に文面があって、「兎年が来ました、じぃさん兎が家に来て、平安で健康が保てるでしょう、あんたの一家によい事があって、意の如くなりますよに」と書かれている。
 右の賀状は元日に上海から頂いたもので、折りたたみ式、飛び跳ねる兎が鮮やかに描かれているのであった。
 2通とも昨年10月に旧交を温めてきた老朋友(永い付き合いのある友)から届いた賀状で吾が輩、很高兴「ヘンガォシン(とても嬉しい)」で、忘年交を勧めたくなるのでR。
 今日は朝のうちこそ、小雪がチラついたが、その後は曇り時々晴れ、何もキバッテ昨日の中に「御用始め」をするまでもなかったのに、と思っていたら午後も元気な農家の若者?や、バッジのM先生が訪ねてくださって楽農(苦しい農業も)を語り合ったのであった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR