FC2ブログ

草かんむりに秋

萩の花
 ”萩の風 何か急かるる 何ならむ(水原秋桜子)”
 彼岸が明けると萩の花も盛りが過ぎるようだ。田んぼの真ん中に住いがある吾が輩、今朝などはヒーターが欲しくなる涼しさだ。つい先日まではクーラーが無いと過ごせなかったのがウソのようである。”何か急かれる”秋なのだ。
 今朝は少し早めに起きて桃の穿孔細菌病の防除を行った。収穫が済んで1ヶ月以上も経つのだが、この時期忘れてはならない技術だ。これで今年の桃の防除作業は終わり。秋も半ばを過ぎると”終わり”となるものが続く。やはり”何か急かるる”のである。
 祝いりんご
 9月も残り3日、りんご「世界一」が熟してくる。1個700㌘前後の大玉になるので、枝からネット賭けで落果を防ぐのだが、昨日あたりから、ネットの中に落ちている。完熟したので摘み取った?。一部の果実には「祝」の文字を貼って文字を「白抜き」にするのである(写真は貼った文字を取る前)。ずいぶん手間がかかるのだが、「祝い事」をもっている人に喜ばれるので、吾が輩毎年一定の個数をつくるのだ(欲しい方は早めに電話されたし)。
 午後T原さんの来訪だ。先日の「仲秋節」の集いのことや八尾の特産物を使った料理のことなど、この後に控えているイベントの問題を話し合った。
 明日は、また雨との予報。しからば日暮れまでの時間を大切にと、吾が輩収穫が近いりんご「千秋」の着色管理(葉取りや陰を作る新梢剪り)作業に精をだした。秋の陽は”つるべ”落とし、とはよく云ったもの、いつの間にか宵闇が迫っていた。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR