FC2ブログ

赤い花なら

まんじゅしゃげ
 ♪ 赤い花なら曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 阿蘭陀(オランダ)屋敷に 雨が降る♪ナツメロ「長崎物語」の一節だ。吾が輩達の若かりし頃、よく歌った懐かしい歌だ。 
 曼珠沙華は別名で、正しくは「ヒガンバナ」秋の彼岸ごろから花開く。彼岸頃とはよく言ったもので、例年であれば彼岸入りにはかなり花が開いているのだが、今年は未だ蕾だ。吾が輩先日から花茎の上がるのが遅いのに気付いていて、今日このことを書くために我が家の庭の片隅(双幹の松の株下)で写したのでR。今夜のNHKニュースもこのことを取り上げたではないか。
 「ヒガンバナ」は不思議と秋の彼岸に咲くのだが、この花何を感知して彼岸だとわかるのだろう。浅学菲才の吾が輩が思うに、多分「光」の長さだ。短日性植物と云って陽が短くなると花をつけるに相違ない。ならば遅れることは無いのに今年は何故遅れているのか。また吾が輩思うに、今年の夏は温度が高すぎたのと、陽射しが強くて”奴さん”季節の変わり目を勘違いしたのだろう。
 閑話休題、今日は吾が輩の”こだわり米”の籾摺りをした。こだわり米の籾摺り
 いつもの通り重いもの動かす作業のときは、定年になって5~6年になるのに力が衰えない?K山さんに手伝ってもらう。この籾、先日も書いたように、なるべく自然乾燥に近い方法で仕上げ乾燥をしたもので、吾が輩結果や如何にと気を揉んでいたのだが、上々の品質となった。収量も”まあまあで”これで一年間一族郎党と、お得意さんに喜んで貰えるだろう。そして、籾摺りも”千秋楽”、昔の人が言った「庭じまい」となったのであ~る。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR