FC2ブログ

猛烈台風

10月13日(日曜)、雨から曇へ
s-001_20191013172526854.jpg s-002_20191013172528afd.jpg
台風19号は一晩中荒れ狂った。風もさることながら雨は広い範囲に、そして雨量は過去にない記録を残した。幸いと書くと、大きな被害に見舞われた地域・人達には申しわけないが、吾輩の地域は”さほどで”なく、被害も軽微であった。我輩目覚めて直ぐに外に目をやった。リンゴの落果は僅かだったし、庭木の葉も吹き千切れたのは少なく安堵したのであった。
s-007_20191013172529bc0.jpg s-008_20191013172530ffe.jpg
起床して井田川の流れを観察だ。濁流には違いないが水嵩は心配したほどではなかった。堰のゲートが下げてあるので流れは早いが川幅いっぱいまでは行っていない、思うに上流に在る飛越の山々に降った量の問題であろう。朝飯を済ませたところへ利用者会の,Kさん、Mさん,Hさんが被害の有無を調べに来て、お互いに軽微だったことを喜んだのである。
s-012_20191013172532bc6.jpg s-013_20191013172533c6c.jpg  
が.、直撃を受けた東海、関東甲信越は猛烈台風に見舞われて、時間の経過と共に被害の実態が判明して、テレビは終日その模様を伝えた。
s-017_20191013172536d88.jpg s-014_2019101317253573b.jpg
午後になって吾輩の地域は雨の止み間も出たので我輩リンゴの落下有無を調べた。備えも良かったのだろうが園の入り口こそ若干の落果だが、中央部は無傷とも言ってよく、「ふじ」は寫眞の様に難を免れたし、収穫期の関係で心配していた「王林」も中央部の木は落果はゼロであった。
s-018_201910131733169be.jpg
ムネを撫でた吾輩夕方近くになってスーパーへ買い物に出た。出がけに県境の山々を見ると、雨雲で霞んだ中に「祖父岳」が浮かんでいた。
s-019_201910131733185d2.jpg s-020_201910131733191b3.jpg
日曜日とあってスーパーは技能実習生と見受けられる女性たちのグループに出会ったし、夕方はお客で賑わっていて、台風が遠ざかって平穏に戻ったことを実感するのであった。
s-023_20191013173321cd0.jpg s-025_201910131733222cf.jpg
帰りは回り道をして井田川の流れを見てきた。こちらも水嵩が減って河床がところどころ顔を出しているので、心配は去った。陽の入りの頃は山の端に明るみが見えて・・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR