FC2ブログ

雨露とのかかわり

9月17日(火曜)、曇り時々雨
s-001_20190917194833836.jpg
 夜半に雨音が聞こえた事もあって目覚めは遅かった。起床して外を見るとまだ小雨が残っていた。
s-003_201909171948353d5.jpg s-004_20190917194836f45.jpg
こんなこともあろうかと思って、イチジクは昨夕に摘んで保冷庫に入れていたので品質を落とすことなくパッケージして地場もん屋に出した。
s-009_201909171948413c5.jpg s-008_20190917194839010.jpg 
今日の午前は歯科医院に行って、更新する義歯の調整をして貰うのが主であった。ワイフも総合病院の歯科へ行くので車で送り医院のある門前町へ。小雨が降る坂の町・門前町は、名刹の鐘楼堂と月初めに「おわら風の盆」で賑わった“町筋”を写してきた。。
s-010_2019091719484327b.jpg s-011_201909171948447b1.jpg
帰り道はJAによってコシヒカリの新米を求め、系列のスーパーの生産者コーナーを覗いてきた。
s-012_201909171948459f7.jpg
午後は町日中の事務局長が訪ねてきた。1ケ月足らずに迫った「重陽節」の打ち合わせと、会の運営について話し合った。彼が帰るので外に出てみると、市の水道局の職員の方が上水道のマンホールを開けて、朝から水道管の工事をしていたので、と、水質の検査をされていた。
s-014_201909171948486c7.jpg s-013_201909171948477ce.jpg
午後は雨があがって雲が晴れ、リンゴ園の上空で富山空港に向かって左旋回をする飛行機が写せた。午前の雨の後も曇り空なのででリンゴ園の下草は雨露に濡れたまま、吾輩日暮れまでは下草刈りをした。下草の雨露の落ちるのが遅いとリンゴの葉につく病気を助長するので、草刈りは”こまめ”に行なうのである。
s-015_20190917194850caa.jpg s-016_20190917194851e6a.jpg
日の入の頃、山の端は夕焼け色だ。でも明日はまた雨のようだ。二十四節季は「白露」も十日が経って明日からは末候だ。雨と露はファーマーにとって大事な”かかわり”なのだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR