そこまでは知らなかった

6月15日(金曜)、曇り一時小雨
s-003_2018061521443792b.jpg s-001_201806152144357e2.jpg  s-005_201806152144384fc.jpg="120" height="90" />
梅雨に入って幾日になるか、朝夕の景色は変化が乏しくなった。が、我が家のプランター作物はいろんに変化する。今朝のキャベツは葉が立って朝の体操をしているし、百合は鮮やかな色を見せてくれる。
s-011_20180615214439700.jpg  s-012_20180615214441448.jpg s-013_20180615214750ef5.jpg
今朝は曇り空ではあるが雨は落ちないので、西瓜の受粉をしようと、6時過ぎには畑に出かけた。が、雌花は昨日が多く咲いたようで、今日は開花したのは僅かだ。30株作っている中で、最初に着いた実は7~8㌢大になったので標識を立ててきた。
008_20180615214933058.jpg  s-014_20180615214752774.jpg
畑を往復した道すがら写したのは、流れが細ってきた井田川と、高台から見る富山平野だ。
015_20180615214935f3f.jpg  s-019_20180615215309e7a.jpg
吾輩、今日は午前も午後も桃に紙袋を掛けた。この時期の桃は実の肥大が目に見えるようになって、作業が遅れると手間がかかるので、急ぐのだ。
s-022_20180615215753679.jpg  021_201806152149381ee.jpg
午後の4時過ぎになって、予定の個数が終わったのでワイフに頼まれた食材&お惣菜を買いにスーパーに行ってきた。この時間帯は、比較的に空いているのでレジはスイスイ、時間を惜しむ日はこの時間帯に限る。
 さあ、今日はこの後が大変であった。スーパーに続いて行ったのが接骨院、怪我した右手のリハビリだ。今年は右手がご難?のようで、昨日摘果作業中に鋏で右腕を突いて素人療法?をしたのを先生に見せると、ヤバイぞ!、下手をすると「破傷風」になる、すぐに医院に行け、と仰るので、その足で閉店間際のT医院に行くと、「破傷風」を軽んじては駄目、紹介状を書くから富山市の救急センターへ、行きなさい、と、なったのであった。
s-024_2018061521552045d.jpg  s-025_20180615220041243.jpg
 傍らで看護師さんが”手当が遅れると死にますよ”と云ったのには、吾輩閉口するとともに「破傷風」がそこまで怖いものだと、知らなかった身を恥じるのであった。
 富山市民病院に併設されている「医師会・救急センター」を、知ったのも初めて、救急患者?になったのも初めて、行って見ると、設備が整っているし、午後7時からの診察開始までに幾人もの方が来院されている。吾輩は、傷口を消毒のうえ、「破傷風」の予防注射を打ってもらい、明日には改めて病院に行くように、と指示を受けて、センターを辞したのであった。
 帰路に着いたのは午後の8時過ぎ、今度は市内の主要道路の渋滞に引っかかり・・・・。テンヤワンヤの一日が終わったのであった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR