弥生晦日

3月31日(金曜)、くもり
今日は昨日とうってかわって本曇りの上ブルッとする寒さであった。
003_20170331180035a02.jpg
朝から暗雲が垂れ込めている。
004_201703311800368d8.jpg
今日は隣家の大榎とノッポ杉にチェンソが入って模様替えとのことなので、吾輩寒空の下での野良仕事を諦め、昔流に云えば樵(きこり)作業の手順を観察させてもらった。この榎は樹齢が百数十年になる大木で、カラスが巣を掛け、秋には渡り鳥のネグラになった古木だ。
011_201703311800387ad.jpg   015_20170331180404f51.jpg
午前は集落のシンボルツリーの大榎だ。今は昔と違ってクレーンで高所作業者は高くまで上るし、伐った太い枝も処理されるので作業は捗る。それにしても高所で作業する森林組合の作業員氏は軽業師とも思える技能、吾輩一部始終をみていて感心すること頻りであった。
019_20170331180039728.jpg
お昼近くになって庭の木陰に置いてある椎茸のホダ木をみると先日来の暖かさもあって椎茸がニョキニョキと派生して傘を広げている。
020_20170331180405f8f.jpg   023_20170331180744575.jpg
午後はノッポ杉の番だ。この杉は隣家の屋敷林で昭和の初めに植林されて2本だけ残っている樹で、丈が伸びすぎたので丈を縮めた上で枝葉を刈りこむとのことで、吾輩またぞろ”高見?の見物”をさせてもらったのだが、午前の榎と違って、もっとスリリングな作業だ。
043_201703311804086e8.jpg
 先端から5㍍ちかく丈が縮まった後は枝葉を刈りつめる作業なので、今度は作業者がゴンドラに乗ったのをクレーンで吊っての作業であった。熟達の作業者であろうが見事な腕前に吾輩感動したのである。
048_20170331180410760.jpg
これが模様替えの済んだ榎と杉、上から2枚目の写真が作業前、比べてみると如何にもすっきりとして4月を迎えるのであった。
あさひ舟川・春の四重奏
3月みそかは寒い一日、高齢の身は風邪をひいては損とばかり今日は体を労わったのである。で、今日の1枚はFBお友達Kさんが投稿された「あさひ舟川・春の四重奏」、チューリップは畦の南側から開花が始まるとのこと、いよいよ春だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR