啓蟄の候

3月5日(日曜)、晴れ一時曇り
 今日は二十四節季の「啓蟄」、暖かくなってきて、冬籠りの虫が這い出る頃、とされるだけあって暖かい一日であった。
002_20170305182057d36.jpg   005_20170305182058d35.jpg
朝は雲が広がっていて日の出の頃は”緞帳”のように?綺麗な空がみれた。
007_20170305182059f53.jpg
 七十二候で啓蟄の初校は「蟄虫啓戸」、虫が戸をひらく、なので吾輩戸が開いていないかリンゴ園で探した。すると、これこの通りの穴が見つかった。何のことはないこれは虫を食べるためにトンネルを掘る”もぐら”の仕業だ。
009_20170305182102892.jpg   010_201703051823231fc.jpg
 ”暖かくなる”の方は伊予柑だ。吾輩昨年の春大きいポリ鉢に新植した伊予柑が実を着けたので、1個だけ枝に残して完熟をまっていたのだが、ビニールで寒風を避けてきた甲斐があってこのように熟したので、今日は摘んで”初物”を食べた。甘酸もほどよく美味しい伊予柑であった。
013_20170305182326988.jpg
午前の吾輩、かつての職場の後輩A君がが作っているリンゴの剪定に行ってきた。彼の住まいは「夫婦岳」に近く、きょうは好く晴れているのでこんなに綺麗な写真が撮れた。
016_201703051823287bd.jpg   018_201703051823296ec.jpg
11時前には帰宅できたので、風が無いのを幸いにリンゴ園の外周で枯草の多い個所を野焼きした。午後になって陽気は一段と春めいた。吾輩リンゴの剪定枝の細断作業をした。こんなに好く晴れて暖かいのに、野良に働く人影は見えない。吾輩、申し訳ない思いに駆られるのであった。
019_20170305182526909.jpg
午後の4時からは集落自治会の決算総会に出席した。終わったのは6時近く、日が長くなって、まだこんなに明るい。でも立山連峰が見えないのは、明日の天候にどうつながるのであろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR