春の淡雪

2月8日(水曜)、晴れ時々曇り
 今日は曇り空が次第に晴れて日中は”光の春”らしい天候になった。
001_20170208175925eb9.jpg
 昨夜は小雪だったようだが積雪は数えるまでもなく、リンゴの枝の上の着雪も僅かだ。
011_20170208175927f2b.jpg   012_20170208175927759.jpg
 立春になって春の気配を感ずるのであろうか白鳥の動きに変化がみられるように思われる。今朝もねぐらにしている河川の堰から飛び立つのが早い。 吾輩今朝は早く写そうと考えたのが的中して好い写真が撮れた。写真左は飛び立って直ぐ、なので輪を作っている。それは僅かの間で、すぐ列を作って(写真右)遠くにみえなくなったので、あるいは「北帰行」をしたのかも、だ。
 吾輩きょうも終日決算書の念算だ。
015_20170208175929380.jpg   016_201702081759302b5.jpg   
お昼のNHKニュースで富山湾が映っている、波が無く穏やかだ。我が家のリンゴ園も雪が消えてしまった。根雪があるならいざ知らず、消えて何日か経って降る雪は、2月ともなれば「淡雪」消えるのが早い。
 午後になって自然食に造詣が深く、定年後は蜜蜂を趣味で飼うなど素敵な生き方をされている知人T尾さんが、訪ねてくださった。話題は「蜜源れんげ」の生育状況のことで、久しぶりに「紫雲英」の栽培管理を話し合った。
024_20170208180430f22.jpg   025_201702081804319cf.jpg
T尾さんが帰ったで吾輩はジョギング&撮影会だ。今日は丘の夢牧場が好く見えるので写したのだが、里山も淡雪が殆ど消えて、緑の”じゅうたん”を敷いたように写るのであった。右の写真は牛岳だが嶺まではっきり見える、雪の心配はないようだ。
026_20170208180433b02.jpg   027_20170208180434cab.jpg
白鳥の”ねぐら”河川の堰は、白鳥が少なくなったので、水鳥が幅を利かす様になったのか、今までとは少し様子が違う。
031_201702081804368e0.jpg
 日暮れになったのだから”ねぐら”に戻る白鳥がみれるかも、と思ったのだが飛来しないので吾輩引き上げた。薄暗くなった空には12夜の月が中天にあった。家に入って月齢を確かめると11・1である。「寒月」とでも書いた方が綺麗かも・・・
 樹氷アズキナシ
 今日の1枚、蔵王は”アヅキナシの樹氷”だ。坊平のH川さんの投稿で、記事によれば午前11時現在で(-9度)とあって見事な樹氷だ。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR