日南の限り

12月21日(水曜)、晴れ
今日は朝から快晴、でも放射冷却はなくて、暖か、日の出を待つ間も寒いとは思わなかった。
003_2016122117344543d.jpg
 冬至の日の、日の出は気象情報によると7時ちょうど、だが「日南の限り」に行ったお天道様が山の端から顔をだされたのは7時23分であった。
005_20161221173532de7.jpg   011_20161221173534ba0.jpg
「日南の限り」とはどの辺りか、とズームを絞ると、薬師岳の遥か南であった。なんと云う峰だろうか・・・。かたや南西の空には月齢21・6の残月があった。
016_2016122117353721e.jpg    012_20161221173535037.jpg吾輩、今日は朝一で知人のTさんのリンゴ園で剪定手ほどき。終わったら今年買って鉢に植えた伊予柑の雪囲いを、と思っていたのに・・・
017_201612211735386a3.jpg
隣村の友人T内さんが見えたので、招き入れて庭木の手入れなどについて話し合った。
 午後になると、軽く汗ばむ暖かさ、ようやく吾輩の園の剪定に精を出したのであった。
037_201612211738045fc.jpg    035_20161221173803af1.jpg
 陽が沈む前に山畑に行って、姪っ子が作っている大根を3~4本貰ってきた。この大根、明日首都圏に住む義弟のところに、吾輩のキャベツと一緒に送るのだ。
029_2016122117380068b.jpg
 畑から帰って間なく日没になった。お天道様が山の端に沈まれたのは午後4時14分だ。沈まれる位置も「日南の限り」だ。気象情報によると、日没は4時39分だから山を下りられるのに25分要することになる。
 今日は終日の快晴、白鳥たちが井田川の堰に飛来するのも早く、夕陽が輝く水面に白鳥が羽を休める綺麗な写真が撮れたのである。
 今日は冬至、暦便覧には”日南の限りを行て 日の短きの至りなれば也”、と、書かれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR