雁木(がんぎ)下利用

9月20日(火曜)、雨
 今日は終日の雨だった。
003_20160920163459cc9.jpg
三日も降り続くのはこの春以来初めてのように思う。露地栽培の農家は完全にお手上げだ。
001_20160920163456bf5.jpg
吾輩、それでも畑の見回りだけはせねば、と傘をさして溝の水の溜まりようを見てきた。
002_20160920163458649.jpg
こんあこともあろう、と溝の端末は流れ易いように手入れをしておいたので、朝までは問題なしだ。
005_201609201635012d1.jpg
お昼前のNHKテレビ天気予報、「大雨警報」が出ているので、状況はしっかり見届けねばなるまい。
012_20160920163502807.jpg
三日もまだも雨だとすると、野菜の苗などは野ざらしをしておくと,根が水浸しになって、音(ね)を上げる。我が家は玄関が雁木造り、なのでこのようなときは「雁木下」に苗を入れて、雨の影響を避けるのが、慣わしだ。「雁木)造り」は雪国の知恵、秋も終わりになれば吊るし柿つくりに、大根干し、にと利用される。この伝統は時代が変わっても守り続けたいものだ。
(編集中)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR