震災5年、風化させてはならない

3月11日(金曜)晴れときどき曇り
震災5年の今日は朝からメディアが東日本各地の状況を報じている。大津波は勿論のこと、原発の溶融は忘れることはない。あの日で日本は変わったのだから風化させることなく、この国の行方を見守らねばなるまい。
朝の色
”植物は何が起きても黙って命をつなぎ、ただ生きる。人間はただ生きるということができない”と、今朝の地方紙のコラム氏は書いている。
日赤病院 叔父の家
吾が輩午前はワイフを日赤病院に送る。”おみあし”の皮膚が患っていて通院だ。その足で吾輩は亡叔父の家に行く。きょうは、認知症の叔母が、茶道を一緒にしていたNさんTさんを招いて、茶道具の処分について相談させていただいた。
 帰路T自動車に立ち寄り、一昨日修理に出した車のことを尋ねてきた。
キャベツ発芽
帰宅したのはお昼過ぎ。ミニ温室の中を覗くと、キャベツが芽を出している。一足早く芽をだしたブロッコリーは、双葉が展開した。条件を整えてやれば、外は寒くても「いのち」はすくすくと育つのである。
ブロッコリーは双葉
昼食を済ませたところへ高齢の叔母が従姉妹の車でやってきた。用件は亡叔父の「形見分け」などなどだ。吾が輩の亡母とは特別に仲が良かったので、何時みえても懐旧談に花が咲くのであった。
94歳のおば 出迎え
2時過ぎにはワイフがJRで帰るので出迎えだ。 今日はお抱え運転手でもある吾が輩アッチへいったりコッチへ行ったりだ。
おもて山
今日は午後には雪のところも、との予報だっただけに気温が下がり、寒風だ。でも雪雲がかからなかったので雪は降らなかった。東日本も寒い一日であったはず、震災5年、未だに苦難の日々を過ごされている人々に思いをいたし筆を擱くとしよう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR