従姉妹と知人の葬儀

1月23日(土)曇り一時晴れ
今朝は些か冷え込んで路面が凍結した。日が高くなって陽射しがのぞいて寒さは緩んだ。吾が輩午前は従姉妹で最年長だったN山さんの葬儀に参列した
太陽光発電
 斎場の近くには太陽光発電がある。地表には雪が残っているが架台の上には雪はない。
読経と・・     故敏子さん遺影
N山家の葬儀は10時にはじまった。遺影の従姉妹は吾が輩の亡母によく似ている。享年が90歳、安らかな顔で息を引き取ったとのこと、天寿を全うされたのであろう。吾が輩棺の前で香をくべ、、冥福を祈ったのであった。
帰宅の頃は青空が広がって、南の方角の県境の山山は山容がはっきりわかる
県境の山     牛岳
 昼食をとって暫く休んで、すぐ午後の葬儀に出かけた。今度は「フレッシュK」のお店の奥さんの葬儀だ。吾が輩、桃やリンゴが熟すと、フルーツパックやフルーツキャップを準備していただくほか、出かけついでに食料品を買っていて懇意にさせていただいただけでなく、実家の弟さんとも昵懇の仲、急病で亡くなられただけに、信じられない思いで葬儀に参列したのであった。
在りし日の小森さn      故小森栄子さん、遺影
 昨年の秋は私が作ったリンゴや柿、そして洋梨とさしあげて、喜んでもらった顔が忘れられないのであった。享年69歳だから、吾が輩よりも15歳も年下、遺族の皆さんに心より哀悼の意を表したのである。
ひよどり?     東の空
葬儀が終わってから、今年になって初めての詩吟教室に足を運んで、久しぶりに大きい声を出してきたので、気分転換になった。
帰宅すると、柿の枝に小鳥達が止まっている。雪が早くあがったので、餌にありついたのかまるまると太ってみえる。
東の空は、と見渡すと、そんなに早くは模様が変わらないようで、ありがたい一日であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR