小鳥が送り迎え

1月8日(金)、雨
今日は終日の雨、吾が輩午前はネットで調べ物、そこえ従兄弟の細君が訪ねてきて亡叔父のことや、病んでいる叔母のことなど話し合う。午後はワイフの"お抱え運転手だ。
大榎の鳥
 玄関を出ると、隣家の大榎に多くの小鳥が羽を休めていて、吾が輩たちを見送ってくれた。
警察前の小鳥
 ワイフの用は管轄の警察署にいって更新した免許証を受領することだ。警察署の前の木には多くのスズメが羽を休めて迎えてくれた。
日産化学の煙突
 警察署近くには,市内でも著名な化学の工場がある。今まで、うっかりしていたが、煙突に似た建造物に取り付けられた会社のマークの大きいのに吾が輩感心したのである。
豊富な種類
帰り道は、大型商業施設「ファボーレ」に寄って買い物だ。吾が輩ときたま行って、いつも感心するのは「食鮮館」だ。客の多いのと、売り方の上手なことだ。わけても米の消費の減退に繋がるパン、とりわけ菓子パンの種類の多いのに驚かされ、これでは米が余るのは当たり前だ、と思うのであった。
2通の郵便物
帰宅すると中国から2通の郵便物が届いていた。北京の老朋友からは、雲居寺の龍蔵経文の写し、そして張家口の朋友からは年賀状であった。
雲居寺の経文
重いよ
昨日は「白鳥の虜」になった吾が輩だが、今日は小鳥達に送られ小鳥達に迎えられての帰宅だ。家の前の電線にはスズメと椋鳥かな、多くの鳥たちが帰りを待っていてくれたのであった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR