小雪の候

11月23日(月・祝)、晴れ
今日は(今日から)二十四節気は「小雪」。
日の出 夜明け前

 季節は変わるのだが、「雪」は当分降りそうもなく、けさは晴れて立山連峰が暫くぶりに全容を現している。
 吾が輩、キャベツとミニ白菜を朝採り、リンゴも加えて地場もん屋に出した。
麦田の緑
 地場もん屋の集荷所からの帰り道、道端の麦畑が目に入った。麦は順調に育っていて、緑が濃くなっている。段丘にある里の家は背後の里山とともに豊かな自然を象徴しているのであった。
 吾が輩午前は、先日亡くなった叔父の遺産相続と、叔母の成年後見人の選任の件で手伝っていただいているAさん、妹と話し合いをするため、旧市内の留守宅に行ってきた。帰路はお骨を預けているお寺に立ち寄り三七日のお参りをしてきた。
黄砂とともに   光と影
 午後の2時過ぎには帰宅、しばらく休んだ後、残り少なくなったリンゴを摘み、これまた先日、中山間地に住む元気なオバちゃん?から頂いた花を鉢にあげた。この植物は中国から黄砂とともに種が飛んできて芽をだし育って花を咲かせた、とオバちゃんが言うので、興味津々なのであーる。庭の八重咲き山茶花も満開で今日の勤労感謝の日を祝っているのであった。
日の入り
 初冬の陽は短い。4時過ぎにはもうお天道様が山の端にかかろう、とされている。吾が輩、先日来の雨で水嵩が増した、井田川べりに足を運んで、日の入りを写したのである。
 吾が輩が幼かりし頃は、11月23日は「新嘗祭」、 お米を作っていても、この日から新米のご飯を食べれるようになったことを、懐かしく思い出すのであった。
 勤労感謝日、今日一日感謝するだけでなく、勤労が続けられるよう"努力”することをわが身に誓うのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR