雨に煙る、そして悲しい別れ

11月2・3日合併記事
 2日は朝から雨、遅くになって止んだ。3日は朝まで雨が残ったが陽が高くなるにつれて晴れ上がり日差しが戻った。
 2日は専ら雨に煙る景色が目にとまった。
雨に煙る坂の街
先ずは坂の町と井田川の流れだ。事情あって、3日に地場もん屋に出荷するためのバーコードを作成するのに集荷所に足を運んだ際に写した。
麦畑
その、集荷所の近くには大麦が育ってきていた。
大根
 時間はチョット前後したが、生育ぶりを調べに行った山畑の大根、予想以上の出来具合に満足した。
雨に煙るログ
大根畑の向かいにあるログハウスも雨に煙っていた。
ケヤキ並木採用
月の第一月曜は中国現代史講座だ。会場がある富山旧市内、欅並木は雨がやんで煙がはれている。
 5時近くに帰宅して、キャベツを収穫してきたところへ、妹から電話が入った。入院中の伯父貴の容態が変わったので至急病院に来い、とのこと。吾が輩取るものとりあえず車を走らせた。
 2日の晩は吾が輩が付き添いで看病をした。夜中には、いったん安定、3日早朝は言葉もしっかりしているし、顔色もよくなったので、看護士さんにOKをもらい、妹と交代して帰宅。
 3日は、朝に地場もん屋にキャベツ、リンゴ、柿を出荷して朝食をとっているところに、またもや妹から至急電だ。吾が輩疲れてもいたので娘の車で走った。
 辛うじて間に合ったものの、願いも叶わず、伯父の死を看取ることになった。その後は伯父貴の菩提寺と相談し葬送の日取りなどを決め、葬儀社と打ち合わせするなど、吾が輩に与えられた日程をこなしたのであった。

 












スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR