終日の曇空

10月22日(木)、くもり
 きのうの入日があんなに綺麗だったのに、今日はお天道様が、朝しばらく顔を見せられただけで、あとは”曇りっぱなし”であった。
 吾が輩、朝は起きてすぐ、里山の畑へ出かけた。
自然に溶け込む 土寄せ
大根畑の手入れと、少し残っていたエゴマの刈り取りに行ったのである。
大根畑では、溝の雑草を鍬でけずり、土寄せの作業を行ってきた。大根は見事な育ち具合だ。ログハウスを入れて写真に収めたのだが、我ながら素敵な写真になったのであった。
曇り空採用 残っていたエゴマ
 帰路は、前にも載せたコスモス畑からの眺め、今日は曇り空ながら”一幅の絵”になった。右の写真は刈り取ったエゴマだ。
朝食を済ませた後は、藤瀬・野田組とともに、茄子の株の処理だ。今年は台風に見舞われることがなかったのと、10月になってからの好天で秋茄子は豊作、今日まだ収穫が出来るのであった。もうそろそろ株を抜くとするか、と、畑にいったのであるが、株元の若枝に花がついているので、古枝を切り取っただけで、もう少し、”嫁に食わせない秋茄子”を取り続ける、としたのである。
秋なす
茄子の手入れをしているところへ、姦し娘(昔は)がやってきた。好かったら摘んでもよい、と云ったか言わないうちに、食用菊の花摘みだ。その後はリンゴ園に移動してリンゴ摘み、”気のおけない”オバサンたち?には、吾が輩降参するのである。
花摘む乙女?
午後は大きい叔父貴のことで、ケアマネージャーのAさんが訪ねてくださった。認知症の叔母さんの成人後見人のことで相談したのである。
リビング
Aさんは、ケアマネージャーだけでなく成人後見人の選任について、家庭裁判所の手続きを手がけていらっしゃるので、はなしあったのだが、携帯電話には類似のそうだんごと電話が入るなど、ご多忙の由、吾が輩、今の世相を垣間見る思いをしたのである。
 Aさんが帰られた後は、明日出荷するリンゴを摘んだ。
 夕方になってFBを覗くと、Uさんが「今日の立山・室堂」と写真を載せていらっしゃる。
今日の立山・室堂
下界は曇り空だったのに、雲の上?は、こんなに綺麗に晴れていた、とあれば是非ともお借りせねばだ。それ以上のことは書くまでもあるまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR