蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

9月28日(月)、晴れ
 二十四節気「秋分」は、今日から次候になってタイトルのように”むしかくれてとをふさぐ”だ。今日は旧暦8月の望月、その上スーパームーンだから虫はまだ戸を塞ぐことはしないだろう。
今日は久しぶりに立山連峰の嶺に顔をだされるお天道様の写真が撮れた。
日の出
 連峰の嶺まで時間がかかるので、顔をだされたのは6時3分で、位置は雄山の近くであった。
吾が輩今日はりんごの出荷を休む予定だったが、昨日はよく売れたので、休むわけにはゆくまい、と、今朝も朝採りをして出荷した。
 朝食後はキャベツ・白菜のアオムシ防除、その後は野田さんの軽トラに便乗してK原牧場へ。先日依頼した牛糞籾殻堆肥の引き取りだ。
白菜に追肥
 K原牧場の牛糞籾堆肥は有機肥料として極上、吾が輩さっそく白菜の”うね肩”に施したのである。
午後は趣味の養蜂?と云いながらプロ級の蜂飼い?であるT尾さんを案内して神通回廊の近くのM山さんを訪ね、蜜源れんげを播種する圃場を見てきた。
アブチロン
 M山さん宅の庭にアブチロンの花が綺麗に咲いていたので写させてもらった。この花は別名を「チロリアンランプ」とも「浮釣木」とも言う、と知って吾が輩嬉しくなったのであった。
午後はりんごは「ふじ」の着色管理だ。
生姜の茎
陽が西に傾いてから畑を見回った。生姜は茎数が多く、草丈は低いが”林立”、今日は生姜の茎葉が影を落としている。
日の入り
 望月を写す前に、と入り日をうつしたのだが、も早くも鰯雲が広がって、秋を飾るのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR