秋分・彼岸の中日

9月23日(水・祝)、晴れ
 今日は(今日から)二十四節気は「秋分」だ。暦便覧には”陰陽の中分となれば也”と、書かれてある。祝日は「秋分の日」、仏教は彼岸会法要が行われる日だ。
 吾が輩、本来ならば菩提寺の彼岸会法要にお参りするのだが、今日は稲刈りに来てくださるので、お寺には行けなかった。
 で、シルバーウィークもなんのその、であった。朝から順に
①、朝食前はリンゴを摘んで、今日はJA系スーパーの生産者コーナーに売りに出した。
紅玉摘み取り
②、朝食後はコンバインが来るまでに紅玉を摘んだ。このリンゴは仲間の器用人藤瀬さんに依頼して、全部をジャムにまわす。
豊年 コンバイン
③、10時過ぎにはコンバインが到着した。運転は吾が輩が頼りにする、S農園のSさんだ。刈り取る稲はコシヒカリ、遅く植えたことと出穂の時期、そしてその後の天候が、うまい具合にいったので、穂が重くかさなりあっている。
ばぁtyんと
④、お昼近くになって旧市内に住む、妹と孫が幼子を連れて墓参りやってきた。久しぶりだったのでリンゴを摘んで土産としたのである。
⑤、午後は朝のうちに摘んでおいた「こうたろう」をエルバッチャに運んで、その足でクラスメートのりんご7仲間村山君を訪ねた。
⑥、用件は昨日相談にみえたT尾さんの「蜜源れんげ」の播種候補地のことだ。
同じ集落のS藤さんの圃場を見て、蜜源れんげの田んぼは決まった。
秋ジャガ
⑦、日暮れまでの時間は畑の見回りだ。彼岸入り以来続いた好天で野田さんが作っている{秋ジャガ」は順調に育っている。
サボイキャベツ
⑧、吾が輩が作っているサボイキャベツも御機嫌だ。このキャベツ、いずれ結球の暁には二分の一カットしたりしてブログにのせるとしよう。
 秋分の日は穏やかに暮れた。吾が輩も、恐らく米作りが最後になる稲刈りを済ませて感慨に耽ったのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR