里山は秋本番

 9月も後半に入った。ここのところ3日晴れが続いたので、吾が輩遅れ気味であった作業を精力的にこなした。
朝はリンゴ秋映をパッケージして地場もん屋に出したほか、生育の遅れを挽回するため、キャベツに有機液肥を葉面散布した。
 午前は山畑に行って大根の種蒔きだ。ついでに、と云う訳でもないが、畑の近くの木立や蕎麦畑を観察だ。
山荘と蕎麦採用
 この蕎麦は8月の10日前後に蒔かれたのだが、今は花が満開になっている。曇り空なので、木立をバックに建つログハウスが浮かんで見えないのが残念だ。
ガマズミの実

まゆみかも
 このログハウス近くの市道沿いにある木立には赤い実を着けた植物が2種類目に留まった。一つは「ガマズミ」だが、もう一つは?だ。いずれにしても赤色が鮮やかで、秋を飾っている。
大根の種を蒔いた・1 大根の種蒔き
大根は、きのう吾が輩がトラクターで”うね”作りをしたのだが、その後、藤瀬・野田のご両人が”うね”を仕上げて、一足先に種蒔き済ませている。吾が輩の分が残してあったので、出かけたのであった。
 昔から"待てば海路の日和”と、言われるように、天候の回復を待って鍬使いをした畑は土のこなれが良くて、仕事は捗った。
 種播きが早く済んだので、残った時間は白菜の定植を行った。
白菜定植採用
 この白菜は「ミニ白菜」、8月の15日に播種したもので、天候が良ければ10日頃定植の予定だったのだが、雨続きで”うね”が仕上がらず、いったんポリ鉢にあげて、苗の老化を防いでいただけに、植え終わってヤレヤレの心境だ。
 午後はエルバッチャへイチジクの実を1㎏余届けた。帰路は佐藤農園で籾殻を無心してきた。
紅玉摘み取り
 午後の主たる作業は世界一に袋を掛けること、と、午前に植えた白菜のうねに籾殻マルチをしたことだ。夕方はエルバッチヤで注文があった紅玉を摘んだ。紅の字がつくリンゴだけに、強い紅色になって、オールドファンならずとも要望が多い品種、吾が輩心を込めて摘んだのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サワイさんは凄い!

ウーム!
自然を求め この丘の上にログハウスを建てて15年。
なのに自然観察より 宴会。
いつも このブログで ハッ!とします。
我がログのまわりには こんなに素敵な季節感あふれる風景が広がっているのか、と。
作物を育てるという事は 単に土いじりだと思っていたけど 自然を敏感に感じ取る力 が一番大切なんですね。
いくつになっても 尽きぬ興味 勉強 サワイさんは バケモノ か?






プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR