七十二候は、鶺鴒(せきれい)鳴く、だ

9月13日(日)、曇り後晴れ
 二十四節気「白露」は、今日から次候になった。七十二候は「鶺鴒鳴」である。
 セキレイ採用
 今日は、その”せきれい”がリンゴ園近くに飛来したのを写すことができた。
 夕べはグリ-ンビューで回忌法要の直会だった。菩提寺の住職様も加わって下さって、それこそ供養を、和やかなうちに終えることができて、吾が輩、肩の荷が降りたのであった。
 久しぶりに”朝風呂”に浸かり、美味しい朝食を頂いて、帰路についた。   
千寿原付近 立山駅前
 立山下の千寿原は今朝小雨が降ったようだが、止み間が長くなって天候は急速に回復だ。電鉄立山駅には立山観光に行く客を乗せて電車が到着だ。吾が輩たちは9時過ぎにグリーンビューをあとにした。  
前線通過   玄関の活け花
帰宅してしばらく経ったところで、前線が通過し、晴れ間がのぞいた。玄関に飾られた生け花も、秋が活けてある。
お墓
 弟妹達とお墓に「卒塔婆」を立てて、お参り、これで一連の仏事は済んだ。
秋映   地色が抜けて
 午後、吾が輩しばしの昼寝をした後、野菜畑の見回り、と、キャベツが萎れている。どうも病菌に犯されているようなので、手当てをした。
 夕方は「秋映」の摘み取りだ。このリンゴは熟色が赤から黒っぽくなって摘み取りだ。例年より少し早めに収穫が出来る。
 秋映は長野県のオリジナル品種、甘味と酸味のバランスが絶妙で、とても美味しいと、書いておこう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

元気に集うことの大切さ

今や、TEL,メール、FBと情報や連絡には便利なツールがあっても、やはり会って顔を見るといっぺんにお互いの状況がわかるものですね。自分の中に脈絡と流れる血を感じるものです。色々準備に神経を使ったことでしょうが、みな楽しく帰路につけて何よりでした。うちに帰って早速近所の子供たちともいろいろな饅頭食べました。秋映もサッパリしてておいしかったですよ。また、恒例のリンゴ狩りに伺います。七菜ちゃんも、ほぼ首が座りました、日々成長してます。お世話様でした。明日から秋らしい天候のようです。寒暖の差が激しいので、無茶せず、ぼちぼち営農を。
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR