”なましい”天気

9月5日(土)、曇り時々晴れ
 ”なましい”は吾が輩の地方の方言だ。なまなま(生生しい)が訛ったもので、日照りが弱く、干し物が干せないようなお天気のこと、と吾輩は承知している。
 今日は、その”なましい”天気であった。吾が輩、きのうのうちに摘んでおいたリンゴをパッケージして集荷所へ運んだ、
JA集荷所
きょうは、「サンつがる」が最盛期と思われる摘み取りをしたので、この秋初めてJAの直売所「みのり館」にもだした。集荷所h近くのJA支店の一画だ。今朝は吾が輩が一番早かった。
いつたんは家に帰り朝食をとってから、今度は地場もん屋だ。吾が輩のリンゴは地場もん屋のお客さんにで、よく買っていただくので旬のときはできるだけ多く出すことにしている。
ミニトマトのパック
きょうも集荷所M本さんがミニトマトを綺麗にパックされて出荷されている。トマトだけでなく、売りにだされる物すべてがM本さの手にかかると、見事な商品になる、と吾輩は感心するのであった。
 吾が輩”なましい”天気を気にかけながら、キャベツのうねに防虫ネットを掛ける作業だ。
防虫ネット     マルチに穴を・・
ネットを掛ける前に、マルチチングしたうねの株間に穴を穿って、追肥をする、それからネットを掛けるのが吾が輩の流儀?だ(無意味にやるのではありませぬぞ)。
 晴れの日が少ない9月だが、カルチャー教室は暫くだけでも顔をださねば、と吾が輩、午後は詩吟教室に1時間あまり顔をだしてきた。
皆出席
今日は、珍しく皆出席であった。1時間あまり、吾が輩の独吟を済ませて早々に教室を後にした吾が輩、その後はグループの野田さんと2人で西瓜畑の敷き藁などを焼却し、トラクター耕起をおこなった。
西瓜畑の片付け
 敷き藁は”なましい”ながらも、ある程度乾燥していたので、それなりにに焼却ができて、火の手があがったのであった。
空港辺りか
 耕した畑は、この後大根を播種するのだが、うね作りは明日の天候次第、と云うことにして、山畑をあとにした。帰路は高台から富山平野を写すのが習慣?になった吾が輩。でも今日は富山空港辺りを望むアングルだ。
 きょうは待望の稲刈り日和、富山平野では多くコンバインが稼動したことであろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR