大榎は知っている

8月15日(土)、晴れ、午後夕立があった
 「立秋」は半ば、旧暦も昨日から7月になったので"秋”の暦は揃った。
連峰の朝   日の出直前
今朝は、雲の動きもさることながら、"涼しさ”が感じられて気候が変わる、を思ったのである。
 ”お盆”の由来は、仏教の「盂蘭盆会」や道教の「中元」など、など調べれば興味はつきないうえに、吾が輩たち戦中派は「大東亜戦争」が、敗戦で終わった日なので、複雑な思いをする日でもある。
 残暑が厳しく、農作業も少しは暇な時期なのでお盆は3日間、それこそ”ぼん(休養)”をするのだし、この間野良仕事をしていると、かつっては、”なまくら者の”ぼん”はたらき、と揶揄されたものである。
 と、云うわけで、吾が輩きょうは”ぼん”をした(でも、と、遅れていたリンゴの収穫前落果防止の手立てだけは行った。
榎の歴史
 きのうのブログに101年前の井田川の洪水のこと書いたのだが、その当時既に大木になっていた榎のことは、もう樹齢が百数十年にもなっていて、村の「シンボルツリー」だ。
大榎は・・・    榎の実
この榎は、この時期無数の実を着けていて小鳥達が啄ばんでゆくのであーる。
雨雲の動き
午後は4時を過ぎたころから、雲行きが怪しくなって、夕立がきた。この夏は今まで夕立がなかったので、これも気候が変わり目になったことの象徴だろうか。
 今宵は息子夫婦と孫息子が墓参りにきて夕食をともにする、吾が輩ブログを早めにしたためてイッパイ飲むこととしよう。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR