日暮れの山行き

7月27日(月)、晴れ
今日も猛暑だった。が夕方からは雲行きが怪しくなり、ポツリポツリと雨がきた。
吾が輩きょうも早く目が覚めた。
雲一つなし
今朝は東の空には雲ひとつなく立山連峰のパノラマが見事だ。早起きは三文の得の始まりだ。
日の出の瞬間   ご来光
連峰に雲がかかっていないので、日の出の瞬間を写すことができた。ご来光は山の嶺で拝むもの、とは限るまい、と、吾輩は思う。
早朝の潅水
吾が輩早く起きたときは日の出までに苗ものなどに潅水を済ませる。
その後パソコンを起動させてメール&FBの通信欄をチェックする。今朝はブログに”かのドクター夫人”がコメントを寄せてくださった。
”午後に八尾ログで陶芸教室があるので、西瓜を10個ほど買いたい”とのこと。それならば朝のうちに摘んでおかねば、”と吾が輩西瓜畑にでかけ、10個余り収穫してきた。今朝は西瓜だけでなく桃は「あかつき」も捥いだ。
 午前の吾が輩は桃をパッケージしたり,西瓜をJAの産直店に運んだり。だ。
陶芸家集団
午後は八尾ログに西瓜を届けることから始めた。ドクター夫人が主宰される陶芸教室の皆さんは、暑さをものともせず、制作に励んでいらっしゃる、吾が輩いつも感心するのである。今日は西瓜をお買い上げいただいたので、記念写真?だ。
 帰宅した後、今度は旧市内に住む妹宅に、桃を届けた。陽が西に傾きかけた頃、今日も"日暮れの山行き”だ。今日は狸に見つかって3日連続で西瓜が荒らされたので、ネットのなかった箇所に、ネットを張る作業だ。
ネット張り
夕方になって野良仕事に出かけるのを、昔の人は"日暮れの山行き”と云った。暗くなるので注意しろ、という意味とともに、ひやかしの意味もある。今日のところは仲間うちも集っての作業なので"ヒヤカシ”は通じない。これで狸の悪さが止まれば、と祈るおもいでもある。
 夕闇迫る
作業を終えて帰宅途中、高山線の列車が車内灯を点けて通過するのを見送った。将に夕闇迫るであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR