FC2ブログ

海の日は一粒万倍日

7月20日(祝)、晴れ
 起きて観天望気、雨の心配なし。念のためネットで気象情報を見る。予定通り行動開始だ。
 今朝は桃の「灰星病」と「シンクイムシ」防除を行った。きのう紙袋を除いた桃は、病魔が狙っている。このタイミングを逃すと手痛いめに遭うので油断は禁物なのだ。
 朝食を早めにとって、西瓜を地場もん屋にだすために集荷所に運ぶ。
IMG_0231.jpg
 18日を初日に,売りにだした「ひとりじめ」は売れ行きが好調だ。吾が輩地場もん屋のTさんに試食の結果を尋ねて、ますます自信を深めたのである。
牛岳
 午前は、もう一つ大事な用を済ませねばならない。と、出かけたのが呉羽のタネ屋だ。途中、何時もとは違った角度で牛岳を写した。
呉羽のタネ屋
 今日は、平素の厚情に応えるべく、タネ屋の社長に西瓜のお土産を持参した。この西瓜は社長から試作にと頂戴した苗を育てて収穫した西瓜だ。用事は、と云うと、梅雨明けにリンゴの玉肥として施す「有機液肥」を買うことだ。
 今日も、暫くの間情報交換をして帰路につく。お昼は「千里山荘」でランチ会がある。
千里山荘で
 ”忙中に閑あり”だ。このランチ会は詩吟教室の仲間が、先日のコンクールで入賞したので、お祝いをかねての集いだ。お店の「のれん」に大根が描かれている。暫くぶりで、美味しい和食に舌鼓を打ってきたのである。
 帰宅して、暫く昼寝をした後、こんどはS農園へ西瓜を持って”暑中見舞い”だ。
佐藤さんへ
 今朝通りがかりに作業をされているのをみたので、海の日もなんのその、暑いのに野良仕事をされているのに感じいったのであった。今日持っていった小玉すいかは「小粒」と云う品種、この苗はSさんが”作ってみられ”と吾が輩に勧めたものである。
 吾が輩、今日はもう一つ予定がある。それはキャベツの種蒔きだ。陽が西に傾いた、と云うものの外は炎熱地獄、吾が輩クーラーの効いた部屋でセルトレイに種を蒔いたのであった。
 「海の日」と云う祝日、吾が輩達、戦中派は、親に連れられて、或いは学校から、海に行くことは叶わなかった、だけに、日曜や夏休みがあるのに、まだ「海の日」と定めて休むことに頭を”かしげる”のである。
 今日は「一粒万倍日」でもある。”一粒”が万倍になる、”蒔かぬ種は生えぬ”とともに、生きてゆくために知っておかねばならぬこと。食料を生産する為の祝日は何故ないのだろうか、と、吾輩は思うのである
タネ蒔き

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR