端午の節句

5月5日(火・祝日)晴れ
 今日は「子供の日」、祝日は良いとして、子供の日なのに小さい子供を見かけるのが難しい農村は”わびしいなー”だ。吾が輩たちが子供の頃は「端午の節句」といって親は”菖蒲の葉”を軒端に挿し、菖蒲湯をわかして父親と一緒に風呂にはいったのを思い出している。
 鯉幟などは田舎では”めったに”見ることは叶わないので紙で作って立てていたなー。それでも♪柱の傷はおととしの5月5日の背くらべ・・♪をして、兄弟姉妹(吾輩は6人)で賑やかに過ごしたものだ。
 柏餅
 きょうはそんな感傷にふけっているところに藤瀬さんから「柏餅」、ワイフの姪っ子からは「よもぎ餅」を頂戴して吾が輩”すっかり”嬉しくなったのである(ごちそうさまでした)。
 きょうの吾が輩朝飯前はリンゴ園の草刈り。
 朝食後は大根など野菜に水遣りだ。
大根育つ
昨日は、夜には雨とみて大根うねのマルチに穴を開けてしっかり雨で土が潤うように、と思ったのに量は少なくて水不足は解消していない、で水を打つたのである。そのご西瓜畑にも行ってきた。
 このは
西瓜畑はトンネルの被覆が昨日の夕方の風でめくれている。雨が欲しいのに僅かの雨量、逆に風は困るのに強風と、儘ならぬシャバではある。でも畑の傍に建つこのログハウスを見ると心が和むのである。
 午後の吾輩はリンゴの摘果作業を行った。
摘果作業開
 リンゴは開花期に続く好天で「がく立ち」が進み、摘果を開始する段階になった。この作業がリンゴの大きさに結びつくので大切な作業だ。吾が輩貯金をする余裕がないので、これから天気さえ良ければ毎日「チョキンチョキン」と鋏作業をするのであーる。
IMG_0074.jpg
夕方になって忘れ物を思い出した。明日もう一度西瓜の定植をするのだが、トンネルの覆いを留める杭を買うのを忘れていたのだ。コメリで買っての帰路,Sさんの家で鯉幟があがっている。今日は夕方になっても雨風の心配はない。
 夜には月齢16・3の月が昇って、煌煌と夜空を照らしている。明日も良い天気間違いなしだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR