その如月の望月

きょうは旧暦の2月15日、月齢は14・7で望月だ。
天候は朝から降りそうで降らずの曇り空、今夜は満月で皆既月食なので夜は晴れるように祈りながら仕事を進めた。
朝は夜来の雨があがってリンゴ園の下草が”しっとり”と露をうっている。
リンゴ園下草
この下草は所謂”雑草”、吾が輩名を知らないのだが、このように咲くとなると、本腰を入れて調べねばならないだろう。
今日は日が高くなってもお天道様が照って下さらない。土など乾きが悪いので朝はゆっくり構える。で、ブログをあけると、今日は”ゆとり世代”で10,603人中77位にランクされている。
ランキング
このランクは今年になって2番目の好成績、先ずはご贔屓にして下さる皆さんに感謝感謝だ。
その中にチェンソに達人野田さんから電話が入って、これから”きますちゃ”だ。ありがたい。

チェンソー
待つことしばし、野田さんがやってきた。早速お願いしていた御用済みの柿と雑木を伐っていただいた。雑木と書いたのは「榎」だ。隣家の屋敷林の「榎」は樹齢が百数十年、多く実を着けるのだが、この実を鳥君たちが啄ばんで”そこらじゅう”に種を落としてゆく。これが芽生えて数年で2~3㍍に育つので油断は禁物なのだ。
午後の吾が輩は詩吟教室だ。
 詩吟教室    手振り
今日は我らが流派の宗家会長が、はるばる大阪から来てくださっての指導だ。吾輩は6月に行われる富山地区本部大会で発表する漢詩、菅原道真公作「謫居の春雪」のご範吟を頂いたのである。
終わったのは午後の4時過ぎ、雲はだいぶん薄くなっている。途中にS庭樹園の樹園があって紅白2本の花が開いていたのでパチリした。
モクレンの花
帰宅して日暮れまでは先日種蒔きした大根のトンネルを掛け
ダイコのトンネル
この大根、本当はもう4~5日後に蒔けば気温も上がってトンネルは必要ないのだが、チョットばかし慌てて蒔いた上明日明後日と気温が低くなりそうなので、いっそのこと保温して栽培を、と、かんがえたのであーる。
 夕方になってトマト作りの達人S林さんが打ち合わせ、と云って来宅した。7時近くまで話し合って帰っていった。さて、月食はどうなったかな、と吾が輩外に出たのだが雲にさえぎられて月は見えない。
月食
月食が始まる頃になって、漸く雲間に望月が見肝心の月食部分が雲にさえぎられている。
その後雲が晴れるのを待ったのだが天は我に味方せず、雲は厚くなるばかり。吾が輩皆既月食の観測を諦めて筆を擱いたのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR