我が家は「すずな」と「すずしろ」が主役

きょうは7日、「七草かゆ」だ。昔は元日から1週間は”お雑煮”が当たり前、そして連日のように親類縁者を訪ねて「口祝い」と云ったご馳走にありついたので、このへんで疲れた"胃腸”を休めようと朝は”かゆ”にした、と吾輩は聞かされもしたし、事実粥で胃腸の調子を整えたのであった。
七草
 現代は正月の風習も食生活も変わって(特に餅は食べなくなった)のだから”七日かゆ”と大仰に騒ぐまでもないのに、と我輩は思う。でも伝統は守り継がねばで、我が家は七日の朝は”かゆ”だ。
 今日は朝から荒れ模様かと思いきや、雪の降り方が意外と弱いので、吾が輩”男前”をあげるべく理髪店に行く。
樹冠
出がけに集落のシンボリツリー「大榎」をみると樹冠いっぱいに雪が着いて花を咲かせている。テッペンには椋鳥らしき鳥が羽根を休めていて”一幅の絵”になっているのであった。
理髪は、もちろん新年になって初めてだ。若かりし頃は月に1度は散髪しないと”見苦しく”なるほど、毛髪が伸びたものだが、今はその面影はない。
理髪店
大鏡に我を映してみると、「シミ」の増えたのに”ガッカリ”、若かりし頃を思い出してみるのであった。
 午後になって、いろんな意味で近年たいへんお世話になっている小森さんが訪ねてくださった。
同郷人
先生は長年集落自治会の役員を勤められていることもあって、最近の自治会の問題点や「ふるさと作り協議会」のことなど話し合った。たまたま同じ集落で水道店を営んでいるI田さんが水道の修理にみえたので、仲間に入ってもらった。
我が家は、今住んでいる家を新築したのは平成3年、だから四分の一世紀近くも経って、あちこち傷みや故障が目立ち始めた。わけても水道管は人間で言えば血管みたいなもの。今回も床下に敷設の、ボイラーから湯を循環している銅管に穴があいていたのだから、漏水もあり、正月早々ご苦労願ったのである。
夕方の風景
お二人が帰ったのは、午後も4時をまわってから、外は雪が少し勢いを増したようだ.。しかしまだ雪明かりでもないのに、随分明るく感じる。そういえば,冬至から半月もたったのだから、少しは日脚が伸びたことであろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR