百姓の語りべ

冬型の気圧配置と云っても、この時期であれば吾が輩の地域はそれほど怖れることはない。
今日は日中になってときどき晴れ間がでて光も射したのである。
それでも夕べから今朝にかけて里山も雪が積もって”うっすら”雪化粧をしているのであった。
a href="http://blog-imgs-62.fc2.com/c/h/i/chiyokomasaji/2014120317440898a.jpg" target="_blank">里山も積雪
 吾が輩朝の出に、果物の鉢栽培を手がけるS森さんに請われて植え方の良し悪しのアドバイスに行って来た
鉢栽培
 作るのは甘柿とりんご、100㍑入るプラ鉢で、いうなれば盆栽作り。この方法は限られた土地&場所で果物作りができるので、最近少しづつ増えているのだ。吾が輩帰路はまわり道だ。
坂の街も初雪
 坂の街門前町の初冬の風景を写してきた。昨夜は伽藍にも初雪が舞ったことであろうし、河川敷も冬枯れの色に染まっているのであった。
 午前のあまり時間は午後の部に備えて、資料のチェックだ。
 午後はJAの本店ホールでお喋りだ
img002.jpg
1時間30分の営農教室で、JA女性部皆さんを前に久しぶりにお話をしてきた。
  題して「知るは生きる喜び~作って楽しい野菜・果物」。吾が輩この歳になるまで、いろんな立場で、いろんな人を前に農政問題や農業経営と栽培技術についてお喋りをしてきたが、いくら「温故知新」と云ったって、もうそろそろ"語りべ”を卒業する、とせねばならないだろう、と思ったのである。司会の方が写真を撮ってくれたので、記念?のために載せておくとしよう。終わってJA組合長室でS林組合長としばらくお話をしてきた。組合長の悩みは正組合員の減少と高齢化であった。
ときあたかも衆議院議員選挙が公示され選挙戦が始まったのだが、農村と農業問題はTPP問題とからんで”ぬきさしならぬ段階”にあると、吾が輩は思ったのである。
 帰宅して吾が輩、師走の仕事の整理だ。月めくりカレンダーは、もう一枚だけだ。
米カレンダー
このカレンダーは富山和子先生がつくる「日本の米カレンンダー」、吾が輩愛用しているので、遅れていた27年カレンダーを発注した。
農村の原風景写真が用いられている「米カレンダー」には、どの月も「水田は文化と環境を守る」と書かれてある。TPP問題は日本の水田を大きく変えることになるのは必定、吾が輩今度の総選挙でTPP問題の扱い方が小さいことに憤りを覚えるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR