まーるいキャベツ

好天が続くと吾が輩目覚めが早い。今朝は5時過ぎに起床したのでネットで天気図を調べる。今度の好天は、今日明日までと読めるので産直店に出す品数などを考えて作業の段取りだ。
薬師岳から日が昇る
冬至まであと40日ともなると夜明けが遅い。日のでは6時40分を過ぎる。吾が輩日の出が待ちきれず、明るくなったところで畑に行く。キャベツの収穫だ。
ひめみつキャベツ
 このキャベツは、吾輩が9月の初めに量販店の苗売り場で見つけた品種で、多分極く新しい品種。ネットで調べてみると11月も下旬になれば糖度が8度になるとあって定植以来生育ぶりを注意深く観察してきた。
 この秋はキャベツには好適の気象条件だったので、結球が進み、先日から収穫をはじめたのだが、ボール型の綺麗な結球、糖度も間違いなく高くて、作り上手ならば立派なキャベツが採れることが実証できたのである。
今日は4株摘んで二分の一カットで地場もん屋に売りに出した。
二分の一カット
今朝はりんごも”めいっぱい”パッケージして、好天の日が良く売れる恩恵に浴そう、との魂胆だ。
こんな日は朝食は9時をまわる。
法面整備
午前は集落の「水・土・里」活動の水路法面整備の工事が行われていて、組織の代表から現場を見て写真を撮る様に頼まれているので、まずその仕事だ。
午前の残った時間は託送のリンゴの荷造り発送が3口、そして人参の追肥をおこなった。
 午後はK谷さんがりんご求めにきてくださってその応対から始まる。
白花山茶花
今日は暖かい陽射し、青空が広がって、白花の山茶花が綺麗だったのでデジカメのシャッターを押した。
4時からは小森さんに手伝ってもらってりんご摘み。「ふじ」は蜜入りが進むので、早めに摘んで保冷庫で貯蔵だ。
りんご・黒千壽
夕方になって藤瀬さんが見えたので小森さんともども、今年初めて収穫したりんご「黒千壽」の味見をして貰った。
熟色、艶、大きさともに申し分なし、甘酸の割合、食感もこれまた上上、来年からは「ぐんま名月」ともに収穫数がふえるので、いよいよ少量多品種りんご園の楽しみが拡大する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR