我が家のりんご園、きょうは多様な人出であった

立冬になって2日目、好天が続いたのでいろんな人たちがいんご園に遊びに?みえた。
 吾が輩今日は朝からメチャ忙しく、メチャ楽しい思いをしたのであった。
 朝から順に
①、8日日の出    閏9月望月
 今朝の日の出は薬師岳のテッペン辺り、西の空には望月になった残月があった。
②、土・日は地場もん屋は良く売れるので今朝は欲張って多品目を出した。
今日は田品目
りんごはいうに及ばず、甘柿、柚子、キャベツ、生姜、と並べてみれば彩りも鮮やかだ。
③、午前の部、先ずは吾が輩の高校のクラスメートH川夫妻とそのお友達だ。
クラスメートと    長谷川さん一行
久しぶりに会って”お互い元気でなにより”と旧交を温めたのであーる。勿論りんごは一番美味しい果実をプレゼントだ。
④、2番手は是非子供にりんごを摘ませたいと、幼児の手をひいてN田さん。
中田さん
 お子さんは”こうたろう”を丸かじり、こんなに綺麗にりんごを食べるのは初めて、よほど美味しいのだろう、とママは感心の様子だ。
午前の部、締めくくりは今秋3度目のE林さんがお友達のママさんたちと、都合3組の母子だ。
田中・青木さん ポーズ
吾が輩の園がはじめての方が2組、A木さんとT中さん。お子たち3人は同じ学校の仲良し、りんご園の中を”飛び跳ねている”
⑤、この子供達も先日の子供達同様吾が輩に良く”なついて”くれて、わがはいそれこそ「忘年交」の冥利につきるのであった。
3人協力    山茶花バック採用
⑥、その最たるのが、お手伝いだ。お邪魔をしたからと、りんごの箱詰め手伝い、果実にフルーツキャップをかけ、箱に詰めてゆくのが、とても楽しいようで”学校の授業より面白い”と、いうのだから、世の中の親たち、考えねばなりませぬぞ。
キャップ掛け   荷造り終わり
猫の手も借りたい(オット失礼)と言うほどあって、手を借りた吾が輩、化粧箱入り5箱の荷造りを終えたのである。
⑦、皆が帰った筈だっが2組が舞い戻って?りんご園でランチだ。
小春日和・昼食
 今日は小春日和にはイマイチであったが、それでもりんごの木陰のランチは楽しそうでmわがはい”けなるく”なるのであった。
⑧、午後は、この化粧箱のりんごをお買い上げいただいたA出さんが見えた後、近くに住む叔母さんが嫁さんの車で訪ねて下さった。
 首都圏に住む息子さん家に送るりんごのほかお米も買う、と、いうので、紫白菜のプレゼントだ。
紫白菜プレゼント
⑨、今日は夕方までに福井に住む孫、曾孫たちが来るよていだったが都合が悪くなったと連絡が入った。ならばと吾が輩先日来、滞っていた作業、美濃柿の収穫と、春キャベツの定植、そしてチューリップの植え込みを行った。
IMG_0113.jpg
この柿が美濃柿、大きな果実で先端が尖っている。今年は風の被害が無かったこともあって熟色が殊のほか綺麗だ。
吾が輩摘み取ったとところに仲良しのMさん夫妻がみえたので数個プレゼントした。吾輩は摘み取った後、とある手法で熟し柿にするのである。
 ここまで”ブログをしたためて”みて吾が輩、物を作って人様のお役に立つ喜びをつくづく思うのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR