閏9月1日、吉とでるようだ

旧暦は今日から2回目の9月だ。旧暦の「閏」は月が重なるのだが、どの月が重なるかは「置閏法」とかで決まっていると言う。今回は9月、旧暦の秋は7・8・9の3ヶ月なのだが、今年は3ヶ月ではなく4ヶ月になりのだから、秋が長い。ファーマーはその4ヶ月の気象がどうなるのか、農作物にどう影響を与えるか、吾が輩それが気になるのである。
 その閏9月1日は帯状高気圧が張り出して快晴であった。
連峰の夜明け     日の出
 日の出前の立山連峰は"長い秋”が吉となる、と予告するかのように、綺麗に聳えている。お天道様も恵みをイッパイふりそそいでくださるのであった。
今朝の品
吾が輩今朝は早起きして、売りに出す品を揃えた。今日はJAの「新生姜祭」で新生姜の"大売出し”吾が輩達生産者も売れ行きを期待しての出店だ。
 帰宅した後、その生姜を1株掘って、りんごとともに手土産を持って、K牧場を訪ねた。
牛ちゃん     牧場主大写し
K牧場は窄乳牛の多頭飼育をされているのだが、吾が輩は牛糞に籾殻を混じて熟成された堆肥をつかわせていただいている。今日はその牛糞堆肥で作ったりんごと生姜がお礼の品。牛糞籾殻堆肥のお陰で立派な品が取れたのです、と、感謝の気持ちを込めたのであった。
 長い9月は初日から「吉」とでた。と言うのは今日JAが3直売店で売った生姜は午前でほほ”売り切れ”となったので、明日はキバッテ出荷するように、と電話の催促が昼一に入ったのだ。
掘りたて
 吾が輩、ならばと10株を堀り取って要望に応えるのであった。「吉」ばかりとも限らないのが吾が輩の娘のこと。先日来「膝」を患って整形病院に通っていたのだが、手術の要あり、と結論がでて昨日入院、今日は夕方から手術となったのである。
空港のバックが山    夕陽を浴びて・病院ワイフ殿を病院におくっていった帰りが夕方になった。空港が見える道路をとおったのだが、西日に映える立山連峰と空港を望んで1枚写しておいた。
夕陽とソーラー
日の入りは奇しくも太陽光発電の近くで見ることになったので、これまた1枚写した。日の入りも綺麗なのでこの天気暫くはs続きそう、となると、2回目の9月も好天が期待できそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR