台風か洪水か

台風19号が列島めざして近づく前に今日は吾が輩のリンゴ園は台風か、さもなくば洪水であった。台風か洪水と言うほど人様が来てくださったのである。
 そのことは少し後にして、吾が輩今朝は自分に褒美を贈ることにしよう。褒美を与えるほど仕事をしたのだ。
 昨夜は、”明日はやるぞ”と、インプットして寝たので目覚めたのが5時前、早すぎるので少し体を横たえていたのだが5時10分には起床した。
 先ずは台風の動きをネットの気象情報で把握だ。
天気図    日の出
この天気図で見る限りでは吾が輩の地方、直撃は免れるかもだが、今度こそは無傷では済まないかも、だ。ならばいろいろ手を打たねば、と行動にうつる。
 まづはキャベツを大半収穫すること、次はりんご「シナノゴールド」と「シナノスィート」の熟度がすすんだのを摘むこと、そして昨日掘った里芋だ。そのうち今日地場もん屋に売りに出す数を決めて、パッケージorラッピングを行い、集荷所まで運んだ。
キャベツ採り納め
キャベツ、グリーンボールは品薄だったようで売れ行きがよく、連日のように売りにだしたので、きょうで収穫を終えた。終えてみて、9月の下旬から10月上旬に出荷するキャベツは気象条件に大きく左右されることを、思い知るのであった。
 朝食を済ませて今度は蕎麦刈りだ。
ソバ刈り    実が入って
昨日杉林さんと2人で鎌入れした蕎麦、今日はメンバーが勢揃いして本番だ。昨日も書いたが今日はメンバーが異口同音で”立派に実った”であった。
 吾が輩一足お先に失礼、11時前に帰宅した。のは、地場もん屋の招待客?一行がりんご園を訪ねてくださるからだ。
帰ってみると待ちかねていたご夫婦のお客さん、ご主人はよく存知あげているのだが、りんご園は初めてだ。
 11時半には約束どおりマイクロバスが来て、大勢の人たちが訪れた。
地場もん屋採用    大勢来園
20数名だから、人の洪水だ。りんご園は初めて、捥ぎ取り体験も初めての方がいらっしゃって、青い空の真っ赤なりんごが映える、今日の日に大喜びのようであった。
 一行が帰るか帰らないで、吾が輩の豆ファンがママさんと一緒にやってきた。
豆ファン   
お子さん達は、りんごは”さわ爺”のつくったものでなければ食べない、と云うほどのファン、今日も「こうたろう」を丸齧りして、芯まで食べるのであった。
 吾が輩この忙いのに午後は詩吟教室に行かねばならない。今日は流派の本部から大先生が指導に見えるので、欠席をするわけにはまいらぬのであった。
 帰宅したのは3時過ぎ、今度は娘の勤め先の同僚のご婦人2人がみえて、りんご園だけでなく畑も見たいとのこと、そこまでいわれると吾が輩四の五のとはいっておれぬのである。
 まだ人の洪水は続く。今度は近くに住む叔父貴が奥さんとともに嫁さんが運転する車で林檎を買いにみえた。
 吾が輩”うんざり気味”のところに役所時代の後輩K野君、そして詩吟教室帰りのT田さんにK本さんと続いたのだから、もうお手上げであった。
師弟
♪ 戦い済んで 日が暮れて・・♪ではないが、陽が山の端にかかるころ、やっと我輩、人の洪水から救い出された?のであった。
 気がついてみたら午前に刈って軽トラに積んできた蕎麦がそのままだ。
ソバの荷
積み荷を屋内に入れて、チョウ多忙の一日が暮れたのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR