9月朔日は嵐の前

今日は旧暦が9月1日だ。旧暦は今年9月が2回あるので9月はながーいことになる。
刈り株
今朝はいつもの地点から立山連峰を写したのだが昨日と変わって足元の稲が刈られて刈り株が列を作っている。吾が輩今日は嵐の前の仕事がメジロ押しだ。まづ最初は風雨で落果させてはならぬリンゴの摘み採りだ。
紅玉
このリンゴは「紅玉」、少し早目に摘んでジャムにするので風の前としたのだ。その後はリンゴ園でも雑草の伸びが目立つ個所の草刈り。もしも風雨で落果した場合の作業のことを考えてのことだ。
 朝食後は山畑に行く。相棒のK山さんにも応援してもらって、西瓜跡地の片付けと耕起だ。もちろん”大根うね”の手直しも行った。
大根 赤蕪
 大根は良く乾燥に耐えて順調に育っている。傍らではS林さんが綺麗な”うね作り”をして「赤かぶ」を蒔いたと言うので写真に収めた。いつも覗いてくるトマトハウス、今日は山羊君が迎えてくれた。
番人
今日は主が不在なので留守番をしているようで、感心感心だ。
帰り道、立山が低く見える地点で車を止めた。
山が蒼く見える
連峰の山々が蒼く見えたからだ。16号台風、温帯低気圧となって近づいてくる。山が蒼く見えるのは雨が近いからだ。
 午前の余った時間は「世界一」と「秋映」の摘み採りだ。
世界一   790グラム
「世界一」は果実が大きいので風に揺すられると落果する率が大きい。なので高い枝に着いている果実を摘むのだ。
 摘んで重量を測定してみると790㌘もある。今年は果形も着色も文句なしだ。
 午前中は効率的に作業ができたので"嵐の前”に予定した仕事は全部方つけた。 明日はかなりの雨量のよう、だとすれば吾が輩、雨の中を出歩くのが嫌なので、今日は午後のうちにヤボ用を済ませようという訳だ。
暮れなずむ
 夕方になってネットで天気予報をみる。「台風」でクリックすると、”台風は発生していません”と、ある。もう既に16号台風は温帯低気圧になッたのだ。でも風雨はかなり強いようだ。宵闇が迫っている、吾が輩”やるべきことはやった”ので後は運を天に任すとしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR