二十四節気は「白露」、夜は「仲秋の名月」

今日は「白露」、今朝は好くはれて田んぼの稲は葉に”しっとりと”「白露」がおりたのであった。
白露の候 日の出前
 吾が輩今朝はりんごは「ふじ」を中心に、晩くになって発生する病害対策をおこなった。
秋茄子の漬物
 きょうはりんごの出荷はお休み、朝食は大好物の秋茄子の浅漬けを贅沢に食べて"満足”だ。
午前の吾輩は、先日りんご狩りに見えたMさんから依頼があったりんごの「宅配便」を荷造りしてユーパックで発送した。
 テレビはNHKも民放も全米テニスの決勝に進出した錦織 圭さんの快挙で沸いて?いる。明日の決勝に大きな期待がかかる。
 吾が輩、ならばと今日、林檎は「世界一」に"祝”を貼ったのである。
祝文字貼り 寿りんご
 りんご「世界一」は昨日徐袋したのだが、今年も「寿」・「祝」の文字を貼って、赤く熟した暁は文字が白抜きになるのだが、これが意外と人気があって、よく売れるのであーる。
 午後になってワイフ殿の姪っ子が来宅して秋冬野菜の作付けのことなど話合ったのだが、山畑の蕎麦が今花盛りだ、と云う。今日は吾が輩、西瓜跡に消石灰を施す予定だったので出かけた。
そば花    萩の
 なるほど蕎麦は花盛り、だけでなく育ち方も文句なしだ。播種した日(8月6日)は、その後曇雨天が続いたので、”またとない種蒔き日和”だった、と思うにつけ農作物と気象との関わりの深さに思いをいたすのである。
今日は直ぐ傍にある、ログハウスにかのドクター夫人が見えておいでて、暫くぶりに言葉をかけていただいた。ログハウスノ入り口には白花の萩が咲いている、蕎麦と云え萩と云え、里山はもう秋がイッパイなのだ。
消石灰の散布
 吾が輩予定していた西瓜の跡に消石灰を撒布した。明日はトラクターで耕起して大根を作ることになる。
 帰宅した後は、旬になったサンつがるの摘みとりをおこなった。夕方になったので今度は名月の番だ。
名月
今日は旧暦の8月15日、望月ではないのだが仲秋の名月だ。夕方になってまだ明るさが残っているうちに名月が昇ったので、色付いたリンゴを入れた写真が撮れたのがラッキーであった。
 二十四節気「白露」の日と仲秋名月(仲秋節)が一緒になるのは、そうとう珍しいことのようだ、吾が輩画像をしっかり留めおくことにしたのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR