FC2ブログ

橋のこと

吾が輩の体内センサー?は旭光を少し感知しただけでも目覚めるようになっている。
雲間から・・・
今朝は雲間から旭光が射したので、5時過ぎには目覚めた。雨はあがっている、が、夜通し降っていたようなので、何も出来ない、否する必要がない。新聞に眼を通して朝はゆっくり過ごす。
朝食後、りんごは「さんさ」を選り(すぐり)採りだ。
さんさ・早採り
このりんご、先日福井に住む孫娘から、子供を預けている保育園の行事に使いたいから送って欲しい、と要望があったもの。摘んで直ぐユーパックで発送した。
 吾が輩、車を走らせたついでに坂の町まで買い物に行って来た。
花火
買ったのは"打ち上げ花火”、シュルシュルと飛んでパンと爆音を出す花火で、りんご園に飛来して林檎を啄ばむ鳥を追うのであーる。この花火、効果は大きいので吾が輩の”常套手段”なのだ。
 坂の町の玄関口、久婦須橋の欄干にはボンボリが取り付けられていて、越中八尾風の盆の”本番(9月1日~3日)”が間近になっていることを知らせている。
久婦須橋
橋のことは未だある。と云う訳で吾が輩帰路はまわり道だ。
開通間近採用
吾が輩の集落の近くにある高善寺橋、昨年9月16日の大雨で井田川が増水し橋脚2基が傾き通行止め、橋脚を撤去して復旧工事が進められていたのだが、当初予定より早く復旧が成ったのである。
 吾が輩写真を撮っていると、復旧工事に当ったS工業の現場監督さんが、明後日から通行可能と話かけてくださった。
 吾が輩も鋭意工事に当られたのを”目の当たり”に見ていたこと、一日も早く復旧させるために努力されたことに対して御礼を申し上げたのであった。
 午後は曇り勝ちではあったが雨は落ちず草花たちも一息ついた様子。
花も元気を取り戻す
玄関先のサフィニアは花が一日中もって心に”やすらぎ”を与えてくれている。
吾が輩午後は、りんご「サンつがる」と「紅玉」の”玉まわし”作業を進めた。
玉まわし
今年は8月の中旬半ばから曇雨天が続き、林檎の色付きが遅れている。その上日照がすくなかったので、摘み取りを急ぐと一定の糖度に届かない、と思われるので、収穫はじめは昨年より1週間ほど遅くなる見込み。
 なので、今度の晴天には熟色を好くしよう、と”玉回し”をしたのであった。
夕方イチジクオーナーの森さんが奥さんともども、熟したイチジクを摘みに見えた。何時も8月の末になるとイチジクの”秋果”が熟す、季節はもう秋、との思いをした一日であった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR