焼夷弾と花火

今日から八月、吾輩テレビで花火大会の中継を見ながらブログを認めている。
花火大会 花火・2
吾が輩の脳裏には、昭和20年8月1日の深夜に米軍のB29が来襲して富山市上空から焼夷弾の雨を降らせ、富山の中心部が火の海になったことが焼きついている。当時、吾輩は国民学校高等科1年、1日の夜中に納屋の屋根に上って焼夷弾がパラパラと落ちて、パット火の手があがるのを見て恐怖心に駆られたのであった。。今は、名称が「納涼花火大会」だから、吾が輩に言わせると、平和ボケもいいところだ、となるのである。
吾が輩今日も早く目が覚めた。今朝は里芋のうね間灌漑ではなく、動噴スプリンクラーで潅水だ。潅水は野菜だけではない。プランターも鉢物も朝早くに水遣りだ。今朝はグリーンカーテンに設えたメロンの実のうえに青蛙が”チョコン”と座っている愛らしい写真が撮れた。
ネットが・・   呉羽のタネ屋から
 午前の吾が輩、桃を手土産に呉羽のタネ屋にいった。白菜のタネを買いにいったのだが、社長である先輩から嬉しいタネを頂戴した。種苗業界も日進月歩が激しく、新品種が次から次ぎえと発売さtれるので生産農家は目が回るのだが、それだけに、その道の権威を好く存知上げているのが有り難いのである。
午前の余った時間は岸和田の詩吟の仲間に「お中元」として吾が輩の作った桃を送った。
桃箱詰め
 この先生からは、毎年お中元に泉州水茄子の美味しい漬け物を頂くので、そのお返しなのだ。
今日も猛暑だ。吾が輩午後は仕事を止めてJAにいって稲の穂肥に用いる有機肥料をかってきた。余った時間はパソコン弄り。今日は北陸新幹線が富山を横断して金沢まで試験走行するとあってテレビはニュースの度に映像を映すので、シェア?させていただいた。
 イーストアイ採用 金沢駅に到着
 平成26年の8月1日は、ある意味では時代の変遷を象徴する日となったのであろう。夕方になって今朝潅水した里芋を観察してきた。
 夕陽を浴びて・里芋
昨日のうね灌漑、そして今朝の潅水で、土の湿気は保たれていて里芋が喜んでいるのが判るのであった。
それにしても、夕陽を浴びての作物は本当に”やわらか”な色に写るのであった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR