7月晦日

今日は7月みそか日、吾が輩チョウ多忙な一日の始まりだ。
昨日から段取りした里芋の”うね間灌漑”、朝早く行うのが大切、と4時台の起床だ。
早暁
 早暁の景色をデジカメに記録させて、早速仕事にかかる。用水の上流まで出かけて水量を確保し、水口で塞き止めて”どっと”流入すると"見る見る間に”うね間”に灌漑できるのであった。
水を入れる    うね間潅水
里芋は勿論、生姜にも灌漑、目標の線まで水が入ったら、今度は”さっと”落水して、地温が上がる頃は水が引いてしまうようにするのが名人と云うものだ。終わったところで今度は桃摘みだ。
桃摘み
晴天が3日続いたので桃は一斉に熟した。今日は産直店に売りに出した。
今日の午前は高校の恩師の葬儀だ。
恩師の遺影 読経始まる
 恩師は91歳、ビルマ戦線から九死に一生で終戦、復員されて先生になられた時は未だ20歳代の前半、私達が習った頃は、将に青年将校?の”面目躍如”だった。
クラスメイト・3人
吾が輩教育実習での思い出が多く、卒業後も懇意にしていただいて好くお宅に邪魔をしていたので、突然の死に言葉を失ったのであった。なにしろ卒業してもう60年、クラスメイトも亡くなったのが多く、今日は仲の良かった3人が恩師の遺影の前で記念?写真を撮ったのである。
 午後は叔父貴の家に行く。こちらも数えで90歳、夫妻に子はなく、叔母のアルツハイマーのこともあって吾が輩なにかと頼りにされていて、今日も介護施設に入所問題で、近くに住む妹と一緒に訪ね、話し合ったのである。
IMG_0094_201407312106017fc.jpg
吾が輩だって高齢だ。現代は老老介護の問題が難題、人口減少社会の行く末を案じたのである。
ラッシュ
話し込んでいたら帰宅がラッシュと重なった。吾が輩都市部に来る度に、車社会の混乱ぶりに”いやーな”思いをするのであった。
牛岳暮れる
今日、県内の最高気温は吾が輩の町、35・6度の猛暑だったとのこと、牛岳はそれを物語るかのように暮れるのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR