FC2ブログ

目に入れても痛くない・・・

今日は未明の雷鳴、そして大きな雨音で目が覚めた。時計をみると5時前だ。
まてよ、庭先に置いていた鉢物等は大丈夫だろうかと、灯りをつけて確認だ。
雨宿り・3   雨宿り・1
 朝顔のネットの向こうに雨が降りしきる林檎園、セルトレイのキャベツの類はこんなこともあろうかと、軒下に入れていたので大丈夫、ヤレヤレだ。
 今日は旧暦の7月1日、旧暦は7月から「秋」だ。その初日未明の雷は、ヒョットして梅雨明けの”しるし”かも、だ。
吾が輩、今日から桃の出荷予定、雨が止むのを待って、摘み取りにでた。
桃の収穫
 雨の直後の桃は、傷み果もでるので選別は”厳しく”当らねばならない。今日は「あかつき」を50個あまり摘み取り、JAの産直店などにだした。
 桃摘みは吾が輩だけではない。きょう午前は懇意にして頂いているO電気店の母子が桃の勉強を兼ねて摘み採り体験に見えた。お子さんが小学5年生、ママさんが桃大好きの影響もあって、目を輝かせて桃狩り?をするのであった(写真を撮るのを忘れて残念)。 
 母子だけではない。吾が輩の詩吟仲間のK瀬さん、中山間地の農業の将来を考えて、果物栽培も含めて吾が輩の考えを聞きにみえた。桃をプレゼントしたのは言うまでもない。
 午後は旧市内に住む高校3年の孫娘が友達と一緒に農業体験?にやってきた。
夏休みにはいったことだし、桃も西瓜もあるから、と吾輩が招いたのだ。
先ずは西瓜畑と落合さんのブルーベリー観光農園だ。
右・大野、中・嘉義、左・彩乃   ブルーベリー園前で
 西瓜畑に出かけた頃は雨がすっかりあがって青空が広がった。吾が輩、太陽の恵みが如何に大切かを語るのであった。
帰宅して桃摘みだ。
桃摘み
 最後は西瓜の味をみてもらう。吾が輩、農作物の味は土と作り方で”ずいぶん"異なると、教えた心算だ。
IMG_0005.jpg
この3人の仲良しは、部活の友達、吾が輩の孫はともかく、ほかの2人は大学は農学部希望も強い、と聞いているので、吾が輩の楽農人生経験が少しでも役に立てば、と話に熱が入ったのであーる。
 とは云え、本音部分は孫は「目に入れても痛くない」だったのであろうな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

興味深い話をたくさん聞けて貴重な体験もさせてもらえて、とっても楽しかったです。
今日は本当にありがとうございました(^-^)!またおじゃまします!
プロフィール

masaji

Author:masaji
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR